http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
21時間26分で広島→大分→広島


日曜日にならないと翌日以降のシフトが分からない職場に電話をかけたら、月曜日も休みですよって言われちゃったから、広島の治療院にやってきた母親と一緒に大分へちょっとだけ帰ってみた。

社会復帰後、初の実家ご挨拶。

祖父も祖母ももうかなり歳をとってしまったが、まだまだ普通に話が出来る。物忘れがひどくなったとは言うものの、全くボケてはいないし、何より孫のおいらが帰ってくることを喜んでくれる。

たった1日でも、実家帰るとスイッチが切れるもんだね。



帰りの電車もこの時期でほぼ満席だったが、「あれ、なんでここだけ空いてるの?」って感じで自由席の真ん中へんの席が空いてて、座れる。新幹線もエクスプレス予約で端っこの席選んでのんびりと。

小倉駅で「清広のたかな寿司」を購入。



鮭フレークと玉子焼きを高菜で巻いた押し寿司。えー車内に多少高菜の独特な匂いが拡散したかもしれないけども、九州っぽくて良かったよ(笑)

さあ、明日からまたちょっと頑張ろう。
  
0
    | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
    パピヨンドームへの道は険しい
    安佐動物公園広島市植物公園ときて、広島市森林公園にも来てみましょうってことなんだけども、

    広島市森林公園
    http://www.daiichibs-shitei.com/forest/

    公式サイトのアクセス情報の記述。

    広島バスセンターから、広島バスの広島駅経由小河原車庫行き登石停留所下車(バスセンターから約45分、広島駅から約40分)後、徒歩約60分

    「広島バス登石停留所下車後、徒歩約60分」

    徒歩60分!!

    安佐動物公園も広島市植物公園も、本数こそ少ないけども1〜2時間に1本程度のバスが広島市内か主要駅から出てるのに、森林公園にアクセスできる公共交通機関は「なし」。最寄りのバス停がえらい遠いとこ。要するにクルマで来いってことなんだろうなここ。

    でも歩いたよ…「登石(のぼりいし)」っていうバス停から60分。ずーっと上り坂(笑)

    まったくオススメできないね。



    そんでもまあ、来る価値はあると思うんだよなーここ。



    人工的な渓谷の上にこういう吊り橋が掛けられてる。



    金網で守られてはいるけども、足下が飛び飛びの丸太なのでスリルは十分。



    高さはそうでもないんだけども、けっこうゆらゆら揺れるのよねこれ。



    そんでも、何がオススメかっていうとその吊り橋やこういう一面に咲き乱れるツツジではなくて、



    中四国で唯一の昆虫館、広島市森林公園こんちゅう館。



    生きてるヘラクレスオオカブトがいる。ただし、基本は生きた虫の展示なので、虫がダメなひとはちょっと気持ち悪いかもしれんね。ナナフシの仲間がえらいこと繁殖しちゃってたりするし(笑)



    その、こんちゅう館最大の目玉がパピヨンドーム。常時500頭以上のチョウが飛び回っている。



    これすげえぞ。飛び回ってるチョウを携帯カメラで追うのは非常に難しいし、撮影してもなかなかその臨場感が出ないのでどうしても止まってるチョウの画像しか撮れないんだけども、



    ほんとに「えっ!!」てくらいの数のチョウがそっこらじゅう飛んでるんだ。捕まえるのはもちろんNGだけども、そーっと触るのはOKらしい。ただ、やっぱり目の前を不意に飛ばれると「うわっ」となってみんなよけるね(笑)



    正直、こんちゅう館自体はやっぱり安佐動物公園、植物公園に比べたら同じ500円はちょっと高い気がするけど、このパピヨンドームだけで500円の価値は十分あるな。



    そんでもう疲れたんで帰ろうかと思ってた時に…みっけちゃったよこんな乗り物を。鷹ノ条山の展望台(元就時代の山城を再現したもの)へ登るモノレール。モノレールつってもこれみかんとか運ぶ農業用のやつにガイドレールで補強したみたいなレベルのものだけどね。



    大人ひとり200円で往復。あのねー見た目のチャチさとは違って、えらい急勾配の斜面を登ってくのよ。スピードはゆっくりだけど。モノレール運行係のおじさんの言うとおり「すこーしだけスリルもあります」。



    山頂の展望台からは広島の街並みがかなり遠いところまで見渡せる。宮島も見える。たまたまだったがここ数日間でいっちばん天気がよく、「こんなに見通しのいい日はそうないですよ、いい日に来ましたね!」だそうだ。モノレール運行係のおじさんがそのまま展望台から見える景色をいろいろ説明してくれたよ。

    さて時間も頃合いでさっきのモノレールで戻る。係のおじさんはおいらが登石バス停から歩いて来たことにちょっと驚いていたけども「でもお客さん、大丈夫ですよ帰りは全部下りですから」。その言葉通り、上りは60分かかった道のりも、下りは30分で着いたよ(笑)

    そして、きっと翌日、翌々日はおいらの足が痛いことだろう。

    広島市森林公園こんちゅう館
    http://www.hiroins-net.ne.jp/h-sinrin/insect/
      
    0
      | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
      変わってしまった大分駅
      また里帰りをしましてね。

      祖父の米寿祝いってことで。

      新幹線で。

      初めてEX-ICとICOCAの2枚重ねで自動改札通過に成功した(笑)



      ゴールデンウィークだったが時間帯がよかったのか、のぞみもソニックもけっこう空いてた。

      ってことで大分駅。3月に高架化を完了し、新しいシンプルな駅名標がカッコイイ。



      ピッカピカのコンコース。行先表示板のLEDも従来のものより明るくてシャープ。



      ついつい「都会的なデザインの」と書いてしまいそうだが、大分駅がやっと標準的な都会の駅に追いついただけだよなー。

      ちなみに広島駅の在来線は地上駅で古くさいままですけど(笑)



      とはいえ東京駅とか大阪駅とかに比べればはるかにシンプルで分かりやすい構内。コンコースが空中化してると途端にわかりにくくなるんだが、コンコースが地上のままなのがいいね。改札くぐるとど真ん前にすぐトイレってのもいい(笑)



      これまでは「裏駅」だった南口は「上野の森口」になって…あれ? こっちがメインになるのか?

      いままで北側に偏在していた市街地が、南口の開発によって大きく衰退する可能性も示唆されている。新しい駅ビルも作られるらしいが、どうなるか。



      地上ホームもいままさに解体中。ここは旧2番・3番ホームかな。

      これまでメインゲートだった北口は「府内中央口」になるらしいんだが、現時点での外観はそのまんまで仮通路として営業中。いずれ取り壊されるらしい。



      おいらが小さい頃からずーっと「大分駅」だったところが全部ごっそりなくなってしまう日は、そう遠くない。
        
      0
        | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
        植物園も好きなんです。


        広島に住みながら1度も行ったことがなかったシリーズ。広島市植物公園。

        正直に言うけど、動物園の動物も、植物園の植物も、ひと目でそれとわかるもの以外は全く名前と見た目が一致しないというか、覚えられないというか。



        植物標本を眺めるための施設、ってよりはすんごい広い公園って感じだね。

        ただし安佐動物公園と同じく、こちらも郊外で山の上にある(笑)広島市内からはバスセンターから1時間弱。ただし本数が少ないので車持ってないとかなり行きにくい(笑)



        天気良くなかったんだけど、こういう雨露が花や葉についてるのも趣があるね。



        植物公園は広いんだけども、まあ温室内が見るもの多いかな。



        カカオってこんな実のつき方するのね。樹の幹から直接、しかもかなり地面の近くまで実がなる。



        ソメイヨシノが終わってしまっても、こういう八重桜が見頃だった。まあ桜と名のつく花はそれこそ全国どっかでほぼ1年中咲いてるんだろうけどね。まあやっぱきれいだよね。



        馴染みがあるのはやっぱり食用の植物。おいら的に一番目をひいたのがこれ。ブロッコリーって育てるとこうなるんだ(笑)



        展望台からの眺め。植物公園自体もかなり広大。ただしこの展望台まで行くのがけっこう大変(笑)

        広島市植物公園
        http://www.hiroshima-bot.jp/
          
        0
          | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
          動物園も好きなんです。


          広島に住みながら1度も行ったことがなかったシリーズ。安佐動物公園。

          しかし動物園ってほんと久しぶりな気がする。動物園自体も数えるほどしか行った記憶が無い上に、地元にはいわゆるサファリパーク形式の動物園(九州自然動物公園アフリカンサファリ)があったから、こういう歩いて巡るタイプの動物園はほんといつ以来だろう。

          長崎バイオパークと熊本のくま牧場(現カドリー・ドミニオン)以来かな。20年以上ぶりかも。



          広島市内からは広島駅からバスか、アストラムラインで上安駅、バスに乗り換え。1時間弱かかる。けっこうな山の上にあるんだよなー。

          そしてやっぱり動物園の目玉はその、大きいやつ(笑)



          そして大きいやつ(笑)

          いや、ほんとはこんなベタな動物じゃなくてもっと珍しいやつとかいっぱいいるんだけど、ブログ映えするのはやっぱりこういうおなじみのやつかなーとか思ってさ。

          他の動物園に比べるとここは動物との距離が近いらしいよ。



          「わくわく広場」ではミニブタを触れる。毛がけっこう硬い。



          同じく「わくわく広場」。全く警戒心のない、白くないヤギ。隣に座ると人懐っこくなめられたり甘噛みされたりする。他にもヒツジがいるけど、ミニブタやヤギに比べて全く社交性がないのでちょっと指先で触った程度。



          個人的にいちばん好きというか感心した展示は「子育ての家」のハツカネズミ。出産寸前の母ネズミと、出産直後の赤ちゃんネズミに授乳している母ネズミ。初めて見た。ちっちゃい命の営み。



          残念ながら屋外展示ではなかったのでガラス越しにしか姿が見られなかったレッサーパンダ。しかも屋内展示も1頭だけ。ちょっと寂しい。

          広島市安佐動物公園
          http://www.asazoo.jp/
            
          0
            | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
            AKB☆48時間
            タイトルはちょっとウソ。2日間ってことで48時間にしたけど実際は38時間くらい。そして一応AKBと48の間に検索エンジン回避対策で☆を入れてみたがおそらくあんまり意味ねえな(笑)

            ミーさんとは秋葉原駅でお別れ、ベラミさんには宿なしのおいらにオススメのスポットとして、徒歩で行けるサウナ付きのスーパー銭湯「神田アクアハウス江戸遊」を紹介してもらった。久しぶりにサウナなんて入ったなー、血の巡りが悪くなってるから全く汗が出ないっていうね(笑)

            神田アクアハウス江戸遊
            http://www.edoyu.com/kanda/

            6時間コースなら朝まで居られたんだけども、あえて3時間コースで出てみたんだ。ベラミさんには格安のネットカフェも紹介してもらってたんだけども、そこにも行かず。

            土曜日の深夜、少しでも「秋葉原」ってところを見てみようかと思ってね。



            石丸電気にラオックスに秋葉原オノデン…中学生の頃からよく東京のラジオを聴いていて、そのラジオCMで名前だけはよく聞いてた名前の店は、たったいま全部おいらの目の前にある。

            広島では定期営業をしている店は既に絶滅してしまっているらしい、メイドカフェやメイドバー、他にも「メイド○○」という名称で営業をしているお店がそこかしこにある。

            明るい時間であれば店外でティッシュやチラシを配っていたりもする。

            もちろん健全営業の店が大半だろうとは思うが、そうでない店があったとしたらおいらはコロッと騙されて明日から一文無し、ってこともあるかもしれないな。



            パソコン関連の店、「○○無線」という名前の店、ゲーセン…大げさじゃなく日本のサブカルのうちいわゆる「世界に通用するオタク文化」関連のものの何分の1がここに集約しているのか、というくらいの規模で、圧倒される。

            明るい時間であれば…いや、けっこう深い時間まで、この界隈にはコスプレっぽい格好でチラシ配りや客引きをしている女の子がいた。そしてみんなそこそこのスタイルでアニメ声。もちろん健全営業の店が(以下略)



            同じ「ソフマップ」の系列店でも、ここまでアニメとかゲームとか、いわゆる萌えキャラで店外の装飾が埋め尽くされている店舗があるのは…いや。それ以前の問題として「ソフマップ」自体が秋葉原一帯に何店あるのか、という問題が先か。



            1度来たはずのドン.キホーテ秋葉原店、外観。かのAKB48劇場…当時はまだそんな社会現象になるほどとは思ってなかったし、スルーもいいとこだったなあ。当時のブログ記事によると大島麻衣がまだ中心メンバーだった頃らしいしな(笑)

            推測でものを言うけど、だいたいおいらの知ってるレベルのAKBの人にはもうここへ来ても会えないんだろ(笑)

            アダルトショップだけでひとビルある店とかあるし(笑)

            そういうビルもいくつかみっけたけども、どの店もかなりコスプレ衣装販売にかなりのフロアを割いて注力しているみたいなのがまた秋葉原的。

            ごめんいまメインキャスト不在(推測)のAKB劇場とこっちのビルどっち興味あるかっつったらこっちかもしれんおいら(笑)



            秋葉原駅は深夜1時頃の最終列車から翌朝4時半頃の始発まで、ほんの数時間だけ閉鎖するようだ。これはこれでレアな光景なのだろうが、通り抜けで逆側にショートカットを目論んだおいら的にはハズレの出来事だ。



            1ヶ月前はももいろクローバーZだった秋葉原駅前の巨大ポスターはこんなポスターに。しかもよく見たら地上波でAKBのアニメが始まるのね。「AKB0048」ですって。

            全く興味はないが、ここでポスターを見てしまった縁で何となく毎週観るような気がする、というフリを自分に置いておこうか(笑)

            AKB0048オフィシャルサイト
            http://akb0048.jp/

            真夜中の秋葉原、なかなか楽しかった。

            いままでずっと先入観で「一生かかっても秋葉原は知り尽くせない」と思っていたが、実際に歩いてみれば平面上の面積はそうでもないみたいだし、おいらが見た限りでは言うほど理解できないような立体構造でもない…はず。やっとおいらの脳の中で秋葉原がラベルづけされたことで、この街に持っていた恐怖感や不信感とでもいうか、よくない感情がかなり軽減された。

            面白いじゃないか。

            そして、時刻は4:30。



            京浜東北線の始発列車で品川へ移動し、品川発の東海道線で帰途に就く。

            復路も青春18きっぷだが、往路と同じくあまり記事になるような出来事はない。サウナでいい感じにだるくなった体に、列車のほどよい揺れが心地いいくらいだ。2日で28時間も列車に乗っていることを「信じられない」とはよく言われるが、これが仕事だったらどんなにか楽しいだろう(笑)



            米原駅でこんな駅弁を買ってみた。湖北のおはなし。発売から20年だそうだ。

            湖北のおはなし/井筒屋
            http://www.izutsuya.cc/htm01/ohanashi.htm



            山菜おこわが入っているが、四季によって例えば秋は栗おこわになったりするんだそうだ。サイコロ状の箱の中にはキャラメルが入っているかと思いきや、口直しの飴(味はカンロ飴に近い)が入っていたよ。

            またいつの日か、遠くに遊びに行けますように。できれば新幹線で。
              
            0
              | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
              また来ちゃったアキハバラ。
              無職満喫もそろそろ区切りをつけないと、ということで。春の青春18きっぷシーズン最後は「青春18きっぷだけで東京往復」。しかも0泊2日。弾丸トラベラーだけど肝心の弾丸が輪ゴム鉄砲っていうね(笑)



              といってももうさすがに何度もやってるんであんまし書くことないけどね。

              JR東日本の「東海道線」が、東海道線専用の線路を走ってて、他の路線と並走しているのに停車しない駅には最初からホームがない、とか知らなかった。

              関西では別の会社が駅間隔の違う路線を並走したりはするけど。

              広島5:53の始発列車からスタートして、東京着21:00。

              もう何も見なくても乗り換えで秋葉原に行けるし、その足でレジャラン(東京レジャーランド秋葉原店)にも行ける体に(笑)



              前回クラブイベントの時にお会い出来なかったミーさんと個人的に飲んで話したかったので。

              約3年半ぶりの再会。前回お会いしたときはそう、QMAの店内対戦やっただけでAnAnの店内対戦やってないんですね。一応記念に店内対戦していただきましたが、もちろん実力差がありすぎで軽くひねられました(笑)



              そしてベラミさんも来てくれましたよ。こちらも前回はQMAの店内対戦だけだったので、AnAnで対戦。おいらのカードが1の頃のものとつながってないので、初顔合わせになってますがちゃんと初回からのデータ残しておいてくれたんだよなー。嬉しいわ。

              押し合い爆破クイズの驚異的な指の速さを生で目撃したぜ(笑)



              その後、4人店内対戦の3人プレイをやってみたり、ベラミさんとミーさんの熱々対戦を観戦したりした後、すぐ近くの居酒屋で軽く飲み会。おいらは列車内であんまりメシ食えてなかったんでがっつりメシタイムも兼ねて(笑)

              なんていうかね、同じような感覚を持ってテレビを観ていたり、クイズを観ていたりする(やるのは別として)同じくらいの世代(おいらが少し上)の人とあんまりお話する機会がないんだけども、やっぱ大事だなこういうの。

              わかる人にはわかるだろうけども、いろんな意味を込めておいらがこの人達とここで会って話して飲み食いしてるのは奇跡。たかだか1時間半だったけど、来た甲斐があった。想いを果たせたって感じ。

              そしてこの人達とは、またいつか。何度でも会って話したいことがいっぱいある。それはいままで会って飲んだひとも同じ事だけど。
                
              0
                | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 02:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
                山陰線東側の旅


                わりとよく知られている京都駅トリビア。日本の鉄道駅で最も大きいホーム番号「34番線」がある。

                ちなみに最も小さいホーム番号「0番線」もあるが、「1番線」がない。2〜10番線が在来線、11〜14番線が新幹線のホームになっていて、15〜29番線がなくて、30〜34番線がまた在来線。軽くわけがわからない(笑)

                そして0番線ホームと30〜34番線ホームはものっすごく離れているが、実は同一平面上にある。



                山陰線の、江津より東側に乗ってみようかなーと思ってね。コンビニやってたときは連休がなかったから、日帰り出来るルートでしか青春18きっぷの旅が出来なかったんだけど、こんな機会なので泊まりアリで。

                ただし、ホテルに泊まる楽しみを選んだ代わりに、今回は駅弁をパスすることにした。

                京都駅まではいつものように、広島からの始発列車、姫路からの新快速で。



                …といっても、京都近郊は都会だし、それ過ぎたら山だし、あんまり景色的にはブログ映えするようなとこはなかったんだけどな(笑)

                そんな中、乗換駅の豊岡駅にあったこんな自販機。どうやら豊岡はカバンの街らしい。果たしてミニサイズのトートバッグがどれほどの需要あるのかはわからないけども、名物アピールとしてはインパクトがあっていいかもしれんね。



                余部橋梁。当たり前のことを言うけども、乗ってるとあんまりよく見えないね(笑)



                地上40メートルとかあるんだけども…乗ってるとよくわからない(笑) 車内アナウンスのひとつもしてくれればいいのに、いきなり現れて、あわてて写メ撮ったら渡り終わっちゃてすぐ駅。餘部駅。



                宿泊地、鳥取着。



                駅を出たらすぐホテルの看板が。あんまり書かないけど、実はホテルに泊まるのが好きだ。昔はホテルのベッドでは眠れなかったんだが、いまは熟睡できる。しかしいつも、広島ではやってない深夜番組や、普段観られないBSやCS、お約束だけどアダルトチャンネルとか観ちゃってあんまり長い時間ぐっすり寝たことがない(笑)

                東京行った時、珍しく朝食つきのプランで泊まったらなかなか良かったんで、今回も駅弁パスする代わりに朝食つきプランで宿泊。ここのホテルの朝食はご飯もパンも選べる和・洋バイキングで嬉しかったね。いっぱい食べちゃうね(笑)

                鳥取ってまんが王国なんだなー。

                でもいろんな漫画家の先生がポスターに描かれているんだけど、知ってる方といえばやっぱり水木しげると青山剛昌しかいないな。



                これは宍道湖。でかい。どんだけのしじみが住んでるんだっていうね。

                鳥取から米子、米子から江津行って、山陰線はこれで全線完乗。べつに乗りつくし、乗りつぶしに興味はないし、挑戦する気もないんだけどもって毎回ゆってるけど。ただ「見たことない景色」のとこを乗りたいだけ。

                江津からいつもの三江線と芸備線で広島に戻る。



                これは日本海。言われなければ宍道湖とあまり変わらないな(笑)
                  
                0
                  | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  祭りのあと
                  山手線で渋谷から目黒へ戻り、ホテルの隣にあったコンビニでチューハイとおつまみを買い込んで、部屋に帰って多少タバコくさくなった体をお風呂で清め、ここからナジャさんの部屋にお邪魔してサシ飲み延長戦。

                  さっきまでいたクラブイベントまでのいきさつや感想、クイズゲームやプレイヤーの話などなどで、1時くらいから飲み始めて朝の4時くらいまで話しましたかねー。おいら的にはこの、ゆっくり流れる時間と空間が大好きだったりするんだけども、あんまり細かいことは、酒の魔力で覚えてないっていうね(笑)

                  トマパイのYUIちゃんが殺人的に可愛い話とかしたっけかおいら(笑)

                  ナジャさんともゆってたんだけども、おいらみーんなとこのくらいずつの時間をサシ飲みでお話したいんだよ。そのために生きてるといっても過言じゃない。

                  だから東京にはきっとまた行く。その他の土地にも行きたい。

                  でも、広島にも来て。何年後でも構わん。



                  ホテルの朝食。無添加パンとサラダのシンプルな朝食だけど美味しかった。



                  新幹線の予約は東京からだったんだけども、少しでもゆっくり出発したかったので品川から乗ることに。山手線で3駅。

                  ナジャさんは先着するこだまで静岡までお帰り。ゆっくりお話できてよかった。アシパンにもお付き合いいただいてほんとにありがとうございました。きっとまた会いましょう。



                  のぞみ103号広島行。

                  あのねやっぱり新幹線の快適性は凄いね。お金払ってでも乗りたい理由。広島-小倉間くらいだとわりとあっという間すぎてよくわからんのよ。



                  サッポロ黒ラベルが記念缶に。あと車内で初めて食べるけどチーザはすごくビールに合う(笑)



                  今回の旅で初めての駅弁は、品川駅弁「貝づくし」。はまぐり(アサジ貝)、あさり、しじみ、貝柱(イタヤガイ)がお弁当一面を埋め尽くすほどたっぷり入って美味。飲み鉄の体に優しそうだよね。

                  え、東京駅でも売ってるのこれ(笑)
                    
                  0
                    | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 13:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
                    クラブデビューしてみました
                    月島から有楽町へ戻って、岩手のトバーモリさんと東京組の皆さんとはお別れ。このメンバーが一堂に会することはもうなかなかないかもしれないけども、皆さんまたお会いできるといいね。



                    さて、おいらとナジャさんは事前の約束により一泊するので、山手線で目黒へ行き、ホテルへチェックインと荷物を置きに。そして静岡からお越しの志功さんはおいらたちの今後の動向に興味があるらしい(笑)

                    おおよそクラブとかに縁のなさそーうなクイズゲーマー3名、渋谷でクラブデビューしちゃいますよ。



                    えー、TBSラジオの「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル(通称タマフル)」や「ザ・トップ5」のリスナーにはおなじみの、日本の平均的かつ最先端のクラブ「ACID PANDA CAFE(通称アシパン)」。

                    行ってみたかったの。ア↑コガレだったのクラブ。

                    山手線でJR渋谷駅から道玄坂を上がること約10分ほど。



                    そんでも「19時開店」で19時15分に着いて既に地下1Fへ降りる階段のかなり上まで大行列出来てた。



                    このポスターも噂には聞いていたが…!!

                    (トップ5イベントの際水曜日メインのオモリー蓮見孝之アナご本人が来店してサインを入れたレアもの)

                    ちなみに今夜は「ジェーン・スー食堂道玄坂店 〜アシパン春の丼(どん)まつり〜」なるイベント。「ザ・トップ5」木曜日コメンテーターのジェーン・スーさんが手料理を振る舞う、という主旨の企画なんだけども、

                    えー人多すぎ(笑)

                    広島でこのレベルの混雑してる電車に乗ったらちょっとうんざりするレベルの混み具合(笑)東京だと普通。

                    ラジオ番組がらみのイベントってことで女の子もけっこう来てるんだけど、おしゃれな音楽がかかってる満員御礼のクラブでみんな丼とハシ持ってフロアで立ち食いってのはどうだこれシュールすぎる。



                    スーさんがピンクのエプロン(のちにツイッターで判明したがこのエプロンはドンキで売っていたエログッズらしい)で汗だくになりながら料理の準備をなさっているんだけども、

                    見るからにまったく収集ついてないもんな(笑)

                    そして丼は5種類から選べたんだけども、おいらはどうやらあまり注文を受けてない上にかなり時間のかかるメニューを選んでしまったらしいっていうね。



                    鮭とエリンギをホイル焼きにしたものをホイルごと乗っけちゃってますけども(笑)しかも「味薄かったらあっちにしょう油とかあるから自分で調節してね」っていう。

                    いや美味かったけど(笑) 美味かったっすよ!!




                    飲み物は1,000円でドリンクチケット2枚。ジンリッキーとかジンバックとかジンベースのばっかり飲んだな。何杯飲んだかは忘れたがチケットをナジャさんとシェアしてたんでけっこうなスピードでサイフから千円札が消えていった気がする(笑)



                    店内放送担当はこれまたタマフルや「高橋芳朗HAPPY SAD」でおなじみDJ YANATAKE(ツイッター上でおいらは敬意を表して「ヤナタケ大先生」と呼ばせていただいてます)の生プレイ。

                    タマフルでDJコーナーに登場するたんびにおいらツイッターでYANATAKEさんを褒めまくってて、「師匠!」とか「ありがたい!!」とか毎回言ってたらいつの間にかおいらのほうが師匠って呼ばれてるっていうね。

                    タマフルで大反響だった「プリンセス・プリンセスmix」「チェッカーズmix」を生でやったり、前半は「Pati-Pati的な感じmix」で米米CLUBとかバービーボーイズとかTMネットワークとか、それこそおいらやナジャさんの世代をがっちりロックする曲選でもうほんと最高。サイコーっすよヤナタケ大先生!!

                    大げさだけどほんと、ツイッターで「いつかヤナタケ大先生の生SPIN観たいっす!!」ってゆってたおいらの願いを叶えてくれるためにわざわざ店内放送担当を買って出てくれたんじゃないかと思うタイミングで出演決まったもんなー。ほんとお会いできて嬉しかった。

                    またしばらくラジオ聴ける範囲で応援してますので。



                    21時頃、志功さんとはお別れ。おいらやナジャさんとは世代が少しズレてて、プリプリやチェッカーズもちょっとピンと来ない志功さんも、ちょっと昔のテイストの音楽を楽しんでくれていたようでした。来てくれてありがとう。また会いましょう。

                    お料理がだいたい一段落ついてDJも一区切り、スーさんと高野政所さん(ザ・トップ5水曜日コメンテーター、アシパン店主)がブースに登場しての「モテそう期/モテかけ期」についてのトークバトル。



                    フロアの男子共も耳が痛くなるようなジェーン・スー節炸裂トーク(というかモテない男子への訓示とかお説教レベル)と、食い下がるリアルモテそうモテかけ期のファンコット伝道師、政所さん。やートップ5の本放送では実現しなかったシャッフル企画はこういう形で一応実現したわけですな。(コメンテーター同士だけど)



                    ブースの奥ではトップ5にも登場した学生ラッパー、デビルスコーピオンくんと北海道からお手伝いに来たゴッドスコーピオンくんが「明らかに見た目の酷いスイーツ」を作っている裏イベント「デビルフォレスト」が開催中。



                    フロアの「ワイハー!!ワイハー!!」コールに乗せられ、新婚の番組ディレクター(タマフルP&D)「なつき100%」こと近藤夏紀さんもご登場。



                    トークショーの後は閉店予定時刻の23時まで、番組構成作家の古川 耕さんがDJを担当。昨年の震災直後、タマフルで選曲した中川翔子の「綺麗ア・ラ・モード」からスタート。後半はヤナタケ大先生とのB2B(交代で選曲する対決DJスタイル)も披露。うわあーかっけーよかっけー。

                    トマパイの曲とかRHYMESTERの曲とかも入ってたな。もうどのゾーンでかかってたのか忘れちゃったけど、知ってる曲がかかるとアガるし、そうでなくても雰囲気でずっと聴いてられる。ジンリッキーが回る回る(笑)



                    そしてトリは店主政所さん a.k.a. DJ JET BARONによるファンコットmix!! 真打ち大登場!!

                    AKB岩佐美咲の演歌バージョン「ヘビーローテーション」をファンコットremixしたものとか、トップ5の番組テーマをremixしたものとかおなじみの曲も登場。トマパイの「ワナダンス!」もあったね。

                    たまにアシパンのUstream中継を観て「絶対ファンコット生で体感してえわー」と思ってたのが、わりと早いうちに実現した。嬉しい。



                    トップ5の番組プロデューサー(タマフル名誉P)、橋Pこと橋本吉史さんがご挨拶。

                    「トップ5は人事異動で僕が飛びさえしなければ第2シーズン(来期ナイターオフ)もやる方向で動いてる」という嬉しいお知らせが。うん、キラ☆キラ終了決定時に「昼枠でトップやって」っていうツイをいっぱい見かけたんだけども、おいらはあの夕方の4時間でやってこそのトップ5だと思うんだ。ナタリー(小林 悠アナ)は昼枠に入っちゃうんでどうなるかわかんないけど、コメンテーターの3人は来期も持ち越しがいいなあ。

                    そしたらきっとまたアシパンでイベントあるじゃん。わかりやすいタイミングでスーさんに会いに行けるじゃんおいら(笑)


                    スーさんもあらためてご来場御礼のご挨拶。何度も言いますがこのエプロンはドンキのエログッズだそうです(笑)

                    当初「DJのない日にアシパンイベントに来ても、アシパンデビューにはなってもクラブデビューしたことにはならない」とも、「ジェーン・スー食堂でアシパンデビューしたら、クラブデビューじゃなくて食堂デビュー」とも言われていたけども、

                    これはもう完全にクラブデビューってことでいいよね!!

                    アシパン絶対また来たい。広島にこのくらい気さくなクラブがあったら行ってみたいくらいだもん。

                    あ、そういえば古川さんにご挨拶をしてるときだったか、「みなせナルウさんですか?」とおいらの名前を知ってる女性の方に声をかけられてちょっとびっくりして「え、おいらの名前知ってるんですか!」って反応をしたら「ええ、見てますもん!」ってゆってくれたんだけども、

                    …見てる?

                    何を?

                    ともあれ、ありがとうございます。嬉しかった。

                    自称「日本一幸せな無職」の肩書きが本気で効いてきたかな(笑)

                    ACID PANDA CAFE
                    http://www.acidpanda.com/
                      
                    0
                      | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 03:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      このページの先頭へ