http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
<< 10ヶ月ぶりに新幹線に乗った | main | 出雲に来たけど大社には行かないのです >>
活気ある三江線なんて初めて
三江線は過去に7回、全線乗車をしている。ブログを遡ると最後に乗ったのは5年前(2012年)の10月になってるけど、これは実は6回目で、その後ブログの記事にしなかったけど、3年前(2014年)の夏に7回目を乗ってる。



3年前は、2013年の豪雨災害で不通になってたのが全線復活した直後で、地元で三江線をこれからも守っていくぞ、という決心とも取れる喜びの横断幕がかかっていたり、



江津では「江津の噂」を書いたマンガの吹き出しみたいな形のバッジや店頭ステッカーで町おこしをしていたり、当時全国のJR路線の中で輸送密度が最下位だったことを巻き返したい、廃線だけは避けたい思いがひしひしと、かつ痛々しく伝わって来てたんだけども、



残念ながら廃線が決まってしまって、石見川本駅にある三江線活性化協議会のキャラクター「石見みえ」ちゃん(鉄道むすめっぽいキャラだが非公式で無関係)にも「三江線引退まであと192日」という悲しいボードが。「廃線」じゃなくて「引退」にしてるのが逆に涙を誘うよ。



しかも三次から江津まで、2両建てで運転してほぼ満席。ワンマン運転扱いなんだけど、車内で切符を販売する乗務員さんが乗ってた。こんなこと初めて。

「最近ずっとこんな感じなんですよ、今日は少ないほうで、いつもぎゅうぎゅう詰めなんです」

乗務員さんも車掌さんではないので気さくな感じで話しかけてくれる。

さよなら乗車で満員御礼ってのも皮肉だなあ、と廃線のニュースの度に思うけど、仕方ないのかな。自分も「のんびりゆったり乗れて景色がいい路線」ってことで何度も乗ってたわけだし。

ともあれ、長い間ほんとにおいらのすさんでたココロを癒やしてくれて、ありがとう。



浅草キッドの玉ちゃん(玉袋筋太郎さん)がツイッターでよく画像上げてる、寿司を新幹線に持ち込んで酒を飲んでる姿にちょっと大人の憧れがあったので、江津から出雲に行く特急の車内で、石見川本のAコープで買ったお刺身の盛り合わせを頂いてみた。列車の中で鮮魚を食べられる贅沢。ちょっと罰当たりな幸せ。
  
0
    | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.kei.pucchimoni.jp/trackback/901398
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    このページの先頭へ