http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
<< ほんとにそっくりじゃん | main | RISING DRAGON >>
台風×線状降水帯×特別警報
7月4日、台風3号がえらい速さで接近して、えらい速さで大分を直撃して、ものの数時間で去っていった。

鍼灸院の駐車場に、どこからか玉ねぎっぽいものが飛んできてた。

確認のため入口の扉を開けた瞬間に、そこらじゅうに広がってる玉ねぎの刺激臭。硫化アリル臭。

雨が収まってから拾ってみたら、やっぱりどこからどう見ても玉ねぎ。

けど、スーパーとかで売ってる玉ねぎって、こんな根っこ伸びたままで売ってないよね。どっかに吊るしてたものにしては1個だけぽつんと落ちてたし。どんだけの距離を飛んできたんだろうか。

Facebookに上げたら「誰かが玉ねぎに乗ってきたんじゃないですか?」と面白返しをしてきた方がいたので、「院には来てないので無断駐玉ねぎですね…」と返信しておいた(笑)

台風3号は一瞬でいなくなったのでそんな大きなニュースにもならなかったけど、台風が去った翌日7月5日からのほうが酷かったね…

最初は島根県に特別警報が出てて、広島の安佐北区で増水した川に流されて高齢男性が死亡したなんてニュースが流れて、広島時代のお知り合いや島根出身のお友達に連絡したりしたんだけど、

その日の夕方から福岡と大分にも大雨特別警報。



院の前の道路(市内で最も渋滞が酷いと言われる交差点がある)は車道が冠水。広島ほどもともとの道路幅が広くなく、歩道を広く作ってないので、こんな中を歩けば間違いなく車からの水はねを食らうような水量の冠水。

広島の安佐南区で土砂災害が起きた3年前(2014年)の豪雨のときも現場でその雨を経験してるけども、あのとき広島に特別警報は出なかった。(特別警報の運用が開始されたのは2013年8月)

おいらが住んでる市内中心部は川幅が広く河口付近なので氾濫などの心配はないんだけど、大分市も市町村合併を繰り返してかなり広くなっているので、ニュースで見ると大分市でも郊外のほうでは川の氾濫の危険があったりしたようだ。また被害が出てるとこを中心に報道されるので、けっこうメールやSNSで安否を気遣ってくれた方がいた。

広島、大分と2度も間近で大雨の災害を見たが、結局自然の脅威、ってことなんだろうな。
  
0
    | 水無瀬ナルウ | - | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.kei.pucchimoni.jp/trackback/901389
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    このページの先頭へ