http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
<< 超簡単レシピ 夏も冬もおすすめの鶏ごぼう鍋 | main | 天空の駅宇都井 >>
祖父が突然亡くなりまして
土曜日の深夜、母から「電話して」とのメールがあり、夜の23時半に電話を入れたら「じいちゃんが死んだんよ」とあっさり言われ、驚いたり悲しんだりする暇すら与えられず弾丸帰省。

日曜日に通夜、葬儀屋の控室に一泊して月曜日のうちに葬儀、火葬、繰り上げの初七日、精進上げまで行なって、実家に一泊して諸々の片付けなどを少し手伝って、火曜日の最終の新幹線で広島へ。

人がひとり亡くなる、ってことの大きさを知ったよ。

ときに、火葬後の骨を拾う際に、「喉仏の骨」を最初に探して拾い上げるんだけども、

はて、喉仏の骨とは。

専門学校で解剖学を学んでる身。喉仏といえば「甲状軟骨」で、骨じゃないから燃やしたらなくなっちゃうのでは? という疑問が。

喉仏のあたりに、舌骨っちゅー小さな骨があるけども、あれのことかな?

ただ、もちろんその場でそんなことを尋ねるわけにもいかず、看護師だった母に聞いてもわからんということだったので、いまGoogle先生にお伺いを立ててみたところ、

骨拾いで言うところの「喉仏の骨」ってのは、実は軸椎(第2頚椎)のことらしいですよ。

全然喉じゃない。

最近の火葬場の火力が強いからか、祖父の骨がもろくなっていたのか、火葬後の祖父のそれは、3つぐらいに割れていて形を留めていなかったのでわからなかったんだけども、軸椎なら本当は輪っかになってて上に頭らしき突起があって、言われてみれば確かに仏様が座ってるように見える骨ではあるんだな。

じいちゃんに鍼治療をしてあげる約束は守れなかったけど、そのぶん他の人をたくさん治療するから。

見守ってください。
  
0
    | 水無瀬ナルウ | - | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.kei.pucchimoni.jp/trackback/901315
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    このページの先頭へ