http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
<< 横川シネマにいずこねこの映画を見に行くことにした。11月9日に。 | main | 横川シネマにいずこねこの映画を見に行ったのです。 >>
横川シネマにいずこねこの映画を見に行ったので。
残念なことに、おいらは映画なんて観ないし、映画館なんて行かない。

理由はおいらの映画リテラシーが映画を楽しむに堪えうるレベルじゃないほど低すぎる(つまり頭が悪い)から。あと、記憶力が悪すぎて例えば2時間の映画だったらエンディングの頃には最初のほうを忘れていたり、登場人物の顔を覚えないから。

子どもの頃からビデオデッキがあるのが当たり前だったし、面白いシーンや気になるシーンは巻き戻して何度も観りゃ済む話…というテレビ世代の負け組なんだよ所詮おいらは。映画館なんて行く資格ないの、もともと。

最後に観た映画は、2年前の「ももへの手紙」。お世話になっている大崎下島の鍼灸師さんにオススメされたから観た。

その前が2000年の「バトル・ロワイアル」。職場の先輩にチケットもらったから行っただけ(笑)

学生時代に、単館系の映画館で当時好きだった映画好きの女の子と一緒に映画を観たんだけども、海外作品でおいらには難解すぎて頭を抱えてしまった。あまりいい思い出ではないかもしれない。

2年半ぶりに映画を観ることにした。



ちょっと好きになったアイドルの活動終了の場となった、最初で最後の主演映画。

39歳のおっさんが観るべき映画かっちゅーと微妙だけどな。たぶん。



そして、横川シネマってとこに入って、ちょっとびっくりした。

すっげぇ座席が広くて快適。隣の人と肘がぶつかったりとかしない。映画館特有の暗さもないし、埃っぽさとか煙草臭さとかもない。これはたぶんすっげぇ昔の映画館のイメージ。

ただ、いまのシネコンのような映画館に通って映画を観たいとは全然思わないけども、これおいらお金のあるときに横川シネマを知ってたらハマってたかもしれんなあ。週末ごとに軽く酒が入った状態で名も知らぬ映画観に行ったりとか、本当はちょっと憧れてたりもする。

そして、おいらは基本、何の映画でも泣くの。べつに泣くような内容の映画でなくても泣く。

冷静に分析すると、「映画を観慣れていないので、普段と違う轟音と光刺激で涙が出まくる」「映画を観る、という非日常に自律神経が微妙に狂って感情が揺さぶられやすくなってる」あたりか。

よく言われることだけど、「泣ける映画」が必ずしも「いい映画」でもないことくらい承知してるし、そんなこと偉そうに言えるほど映画なんて観てないんだけどさ。

人と違うとこで涙ぼたぼたこぼして泣いてるの恥ずかしいし、やっぱり映画わかんねえ奴じゃん。そんで、まんまと泣いたことでなんとなくいい映画だったんじゃないかと錯覚するんだよね。



でも横川シネマにはまた行きたいと思った。いい時間が流れる空間だと思った。



広島にいるうちに、あと2回ぐらいはぜひ。

横川シネマ
http://yokogawa-cine.jugem.jp/
  
0
    | 水無瀬ナルウ | - | 22:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
    weisさん

    ライブハウスに入り浸る生活なんてしたことねえわ(笑)
    もちろん差もわかりません。

    映画も広島で4回しか観てないよ、いずこねこ入れて(笑)

    バトル・ロワイアルでは泣いてないです、はい。
    | 水無瀬ナルウ | 2014/11/13 10:57 PM |

    映画鑑賞。
    ・面白いと言われたから見に行ってみる。
    →肩の力抜いて見たいのに、伏線が多くて眠くなる。
    ・頭使うのは面倒だからアクション系でも見ようか。
    →ゴツい見た目の役者さんだらけ、誰が誰だか分からない。
    ・顔の分かる役者さんが多い映画なら何とかなるかも。
    →役者さんにお金使い過ぎたのかな??それ以外の粗が見えて仕方がない。
    何を見たらいいのじゃwww
    因みに自分、映画は覚悟を決めて観ちゃってます。
    『この映画では絶対に泣かない。』
    とか、
    『この映画では泣くんだ。』
    って。
    そうやって暗示をかけることで、想定外の出来事(思わず泣いてしまうetc.)への恥ずかしさを緩和する様にしています。
    まぁ、思い通りに行かない事も多々ありますがwww

    映画館。
    ライブハウスもそうですが、楽しめる空気感の箱ってあると思います。
    肌に合うというか、そんな感じ。
    この感覚は人によって差異がある様なので・・・
    「この箱は絶対誰でも楽しめる!!」
    という話ではありませんが、自分が横浜にいた頃、音響が良い訳でもないのに居心地のいいライブハウス、特にこれといった強みがある訳でもないのに通ってしまう美術館がありました。
    | weis | 2014/11/13 12:35 AM |










    http://blog.kei.pucchimoni.jp/trackback/901298
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    このページの先頭へ