http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
<< 鍼灸学生あるある | main | 無駄なことなんてなかった >>
ああそういう意味だったのか
19年前、1995年に登場したセガの格闘ゲーム「ファイティングバイパーズ」。

バーチャファイターが商業的にもゲーム界隈にも大成功してるさなか、操作性を同じくしてより濃い目の登場キャラクター、爽快感を増したエフェクトでそこそこ知られてるゲームだと思うけども。

このゲームに登場する女性キャラ「ハニー」が持つ背後投げ(敵の背に回り込んだときだけ出せる投げ技)で、ダメージは与えられないが相手の体勢を崩す「ベリベリチェック」って技があったのね。



まあ、俗にいう「ひざカックン」ですな。

ひざカックンなんだけども、「ベリベリチェック」ってネーミングは何ぞやと。

あれから19年後の今、医療系の専門学校で病理学の講義を受けている最中に突然謎が解けまして(笑)

「ベリベリ(beriberi)」って脚気のことだったのね。

おそらく「ひざカックン」から、膝蓋腱反射(膝のお皿の下あたりを叩くと足がぴょんとなるアレ)を連想して、「脚気(ベリベリ)の検査(チェック)」を和製英語っぽい技の名前にしたってことか。

正直、病理学の講義は毎週90分中30分ぐらいは気絶してる講義なんだけども、嬉しくてちょっと目が覚めた(笑)

ちなみにほんとの膝蓋腱反射は「patellar tendon reflex」とか言うんだけども、こっちはこっちで何度聞いても「どんな天丼だよ」とツッコみたくなる。
  
0
    | 水無瀬ナルウ | アーケードゲーム | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.kei.pucchimoni.jp/trackback/901295
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    このページの先頭へ