http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
<< 瞬間芸の笑いは好きではないけれど | main | いくつになっても入学おめでとう >>
名医とは
1週間くらい前から、右下の歯が痛くなってきたので、7年ぶりに歯医者へ。

本当は3ヶ月ごと、半年ごとくらいにメンテナンスをすべきところなんだけども、その当時に日勤と夜勤が入れ替わったこともあって、予約を取らずにいたらそのまま自然消滅的に行かなくなってしまった。

その、同じ歯医者に6年半ぶりに行く羽目になった。


よく聞く「歯医者あるある」話のような、「長いことほったらかしてたからこうなった」とか「定期的に来ておいたらこんなことにならずに済んだのに」的な嫌味や嘆きを言うでもなし、現在の歯の様子を見た目とレントゲンでチェックして「ここがこのように問題なので、これこれこのように治療をしていこうと思います」という簡潔かつ手短な説明をして、さあ、麻酔しましょう削りましょう、というスピード展開。

患者さんを不快・不安にさせるようなことを一切言わないお医者さんっていいよね。笑顔で「大丈夫ですから」とか「すぐよくなりますよ」とかゆってくれるお医者さんもいい。「私に全てお任せあれ。治して差し上げましょう」みたいな自信を感じる。

個人開業医に限ってかもしれないけど、医者も接客業だなーと思うね。
  
0
    | 水無瀬ナルウ | - | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    このページの先頭へ