http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
<< 3.11 その日、東京では | main | 祭りのあと >>
クラブデビューしてみました
月島から有楽町へ戻って、岩手のトバーモリさんと東京組の皆さんとはお別れ。このメンバーが一堂に会することはもうなかなかないかもしれないけども、皆さんまたお会いできるといいね。


さて、おいらとナジャさんは事前の約束により一泊するので、山手線で目黒へ行き、ホテルへチェックインと荷物を置きに。そして静岡からお越しの志功さんはおいらたちの今後の動向に興味があるらしい(笑)

おおよそクラブとかに縁のなさそーうなクイズゲーマー3名、渋谷でクラブデビューしちゃいますよ。


えー、TBSラジオの「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル(通称タマフル)」や「ザ・トップ5」のリスナーにはおなじみの、日本の平均的かつ最先端のクラブ「ACID PANDA CAFE(通称アシパン)」。

行ってみたかったの。ア↑コガレだったのクラブ。

山手線でJR渋谷駅から道玄坂を上がること約10分ほど。


そんでも「19時開店」で19時15分に着いて既に地下1Fへ降りる階段のかなり上まで大行列出来てた。


このポスターも噂には聞いていたが…!!

(トップ5イベントの際水曜日メインのオモリー蓮見孝之アナご本人が来店してサインを入れたレアもの)

ちなみに今夜は「ジェーン・スー食堂道玄坂店 〜アシパン春の丼(どん)まつり〜」なるイベント。「ザ・トップ5」木曜日コメンテーターのジェーン・スーさんが手料理を振る舞う、という主旨の企画なんだけども、

えー人多すぎ(笑)

広島でこのレベルの混雑してる電車に乗ったらちょっとうんざりするレベルの混み具合(笑)東京だと普通。

ラジオ番組がらみのイベントってことで女の子もけっこう来てるんだけど、おしゃれな音楽がかかってる満員御礼のクラブでみんな丼とハシ持ってフロアで立ち食いってのはどうだこれシュールすぎる。


スーさんがピンクのエプロン(のちにツイッターで判明したがこのエプロンはドンキで売っていたエログッズらしい)で汗だくになりながら料理の準備をなさっているんだけども、

見るからにまったく収集ついてないもんな(笑)

そして丼は5種類から選べたんだけども、おいらはどうやらあまり注文を受けてない上にかなり時間のかかるメニューを選んでしまったらしいっていうね。


鮭とエリンギをホイル焼きにしたものをホイルごと乗っけちゃってますけども(笑)しかも「味薄かったらあっちにしょう油とかあるから自分で調節してね」っていう。

いや美味かったけど(笑) 美味かったっすよ!!



飲み物は1,000円でドリンクチケット2枚。ジンリッキーとかジンバックとかジンベースのばっかり飲んだな。何杯飲んだかは忘れたがチケットをナジャさんとシェアしてたんでけっこうなスピードでサイフから千円札が消えていった気がする(笑)


店内放送担当はこれまたタマフルや「高橋芳朗HAPPY SAD」でおなじみDJ YANATAKE(ツイッター上でおいらは敬意を表して「ヤナタケ大先生」と呼ばせていただいてます)の生プレイ。

タマフルでDJコーナーに登場するたんびにおいらツイッターでYANATAKEさんを褒めまくってて、「師匠!」とか「ありがたい!!」とか毎回言ってたらいつの間にかおいらのほうが師匠って呼ばれてるっていうね。

タマフルで大反響だった「プリンセス・プリンセスmix」「チェッカーズmix」を生でやったり、前半は「Pati-Pati的な感じmix」で米米CLUBとかバービーボーイズとかTMネットワークとか、それこそおいらやナジャさんの世代をがっちりロックする曲選でもうほんと最高。サイコーっすよヤナタケ大先生!!

大げさだけどほんと、ツイッターで「いつかヤナタケ大先生の生SPIN観たいっす!!」ってゆってたおいらの願いを叶えてくれるためにわざわざ店内放送担当を買って出てくれたんじゃないかと思うタイミングで出演決まったもんなー。ほんとお会いできて嬉しかった。

またしばらくラジオ聴ける範囲で応援してますので。


21時頃、志功さんとはお別れ。おいらやナジャさんとは世代が少しズレてて、プリプリやチェッカーズもちょっとピンと来ない志功さんも、ちょっと昔のテイストの音楽を楽しんでくれていたようでした。来てくれてありがとう。また会いましょう。

お料理がだいたい一段落ついてDJも一区切り、スーさんと高野政所さん(ザ・トップ5水曜日コメンテーター、アシパン店主)がブースに登場しての「モテそう期/モテかけ期」についてのトークバトル。


フロアの男子共も耳が痛くなるようなジェーン・スー節炸裂トーク(というかモテない男子への訓示とかお説教レベル)と、食い下がるリアルモテそうモテかけ期のファンコット伝道師、政所さん。やートップ5の本放送では実現しなかったシャッフル企画はこういう形で一応実現したわけですな。(コメンテーター同士だけど)


ブースの奥ではトップ5にも登場した学生ラッパー、デビルスコーピオンくんと北海道からお手伝いに来たゴッドスコーピオンくんが「明らかに見た目の酷いスイーツ」を作っている裏イベント「デビルフォレスト」が開催中。


フロアの「ワイハー!!ワイハー!!」コールに乗せられ、新婚の番組ディレクター(タマフルP&D)「なつき100%」こと近藤夏紀さんもご登場。


トークショーの後は閉店予定時刻の23時まで、番組構成作家の古川 耕さんがDJを担当。昨年の震災直後、タマフルで選曲した中川翔子の「綺麗ア・ラ・モード」からスタート。後半はヤナタケ大先生とのB2B(交代で選曲する対決DJスタイル)も披露。うわあーかっけーよかっけー。

トマパイの曲とかRHYMESTERの曲とかも入ってたな。もうどのゾーンでかかってたのか忘れちゃったけど、知ってる曲がかかるとアガるし、そうでなくても雰囲気でずっと聴いてられる。ジンリッキーが回る回る(笑)


そしてトリは店主政所さん a.k.a. DJ JET BARONによるファンコットmix!! 真打ち大登場!!

AKB岩佐美咲の演歌バージョン「ヘビーローテーション」をファンコットremixしたものとか、トップ5の番組テーマをremixしたものとかおなじみの曲も登場。トマパイの「ワナダンス!」もあったね。

たまにアシパンのUstream中継を観て「絶対ファンコット生で体感してえわー」と思ってたのが、わりと早いうちに実現した。嬉しい。


トップ5の番組プロデューサー(タマフル名誉P)、橋Pこと橋本吉史さんがご挨拶。

「トップ5は人事異動で僕が飛びさえしなければ第2シーズン(来期ナイターオフ)もやる方向で動いてる」という嬉しいお知らせが。うん、キラ☆キラ終了決定時に「昼枠でトップやって」っていうツイをいっぱい見かけたんだけども、おいらはあの夕方の4時間でやってこそのトップ5だと思うんだ。ナタリー(小林 悠アナ)は昼枠に入っちゃうんでどうなるかわかんないけど、コメンテーターの3人は来期も持ち越しがいいなあ。

そしたらきっとまたアシパンでイベントあるじゃん。わかりやすいタイミングでスーさんに会いに行けるじゃんおいら(笑)


スーさんもあらためてご来場御礼のご挨拶。何度も言いますがこのエプロンはドンキのエログッズだそうです(笑)

当初「DJのない日にアシパンイベントに来ても、アシパンデビューにはなってもクラブデビューしたことにはならない」とも、「ジェーン・スー食堂でアシパンデビューしたら、クラブデビューじゃなくて食堂デビュー」とも言われていたけども、

これはもう完全にクラブデビューってことでいいよね!!

アシパン絶対また来たい。広島にこのくらい気さくなクラブがあったら行ってみたいくらいだもん。

あ、そういえば古川さんにご挨拶をしてるときだったか、「みなせナルウさんですか?」とおいらの名前を知ってる女性の方に声をかけられてちょっとびっくりして「え、おいらの名前知ってるんですか!」って反応をしたら「ええ、見てますもん!」ってゆってくれたんだけども、

…見てる?

何を?

ともあれ、ありがとうございます。嬉しかった。

自称「日本一幸せな無職」の肩書きが本気で効いてきたかな(笑)

ACID PANDA CAFE
http://www.acidpanda.com/
  
0
    | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 03:45 | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    このページの先頭へ