http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
<< 水中のメリークリスマス | main | どこまでが西日本なのか問題 >>
なかなか乗れない冬の木次線
三江線はわりと季節問わず1シーズン1回くらいのペースで乗ってるんだけども、なかなか乗れないのが木次線。どっち向きに乗ったとしても、広島からでは普通列車だけで日帰りすることは不可能。前回は、早朝から広島バスセンター発の高速バスで宍道に行ってスタートしたんだけども、ぜひ「一面雪景色」の木次線を体験してみたい、と。

そしたら、28日に行く予定が26日に豪雪で木次線は終日運転見合わせに。しかも沿線の道路事情が悪いため代替輸送もナシ。まずいまずいこれ「行ったはいいが乗れない」可能性もあるし、最悪「途中駅で運転中止」とかになってしかも代替輸送なかったら命に関わるぞ(笑)

ところが翌日には運転再開されていて、当日もどうやら木次線は運転している模様。山陽線で倉敷行って、倉敷から伯備線で新見まで普通列車で行って、時間短縮のため新見から米子まで乗車券と特急券を買って特急「やくも」に乗る計画。



いや…乗れたのよ。乗れたけどね。しかもだいたい予定通りの時間に米子に着いたことは着いた。

実は、倉敷駅に到着して次の新見行きへ乗り換え待ちの時間、山陽線の岡山付近で人身事故があったらしく、倉敷発着の全列車が運転見合わせに。券売機まで全部停止してたからね。



そしたら1時間後くらいに、倉敷駅に停車していた回送車両を普通列車として新見行きで運転するとのアナウンス。まあ新見まで行けたところで「やくも」も岡山方面から来るんだからどうしようもねーかもなーとか思いつつ、行けるとこまで行ってみる? 成り行きで旅してみる? 帰れなくなったら仕事辞めちゃう?(笑) みたいなやけくそな気持ちになっちゃったので、

あ、画像はやくもからの画像ですよ。駅のホームに雪がこんなに。



そしたら奇跡的においらが乗るはずの「やくも」のちょうど1時間前に到着するはずの「やくも」がまるまる1時間遅れて「やくも」が新見駅に到着したっていうね(笑) 自由席だったんで当然乗車して、列車は1時間遅れのまま米子へ。おいらは本来米子へ着くほぼ定刻通りに到着というね。

あ、画像は広島の駅弁「清盛・瀬戸の彩り弁当」。たぶん「清盛」って文字とキャラクターだけ後から無理矢理つけただけのやつです(笑)



中身はこんな感じ。米子から宍道まで乗った山陰名物アクアライナーの車内で食ってやりました。



宍道湖。すっげぇ広大。どんだけのしじみが生息してるんだろうか(笑)



宍道駅。じゃじゃーん久しぶりのキハ120木次線カラー。



もうね既にこの時点で雪こんなだぜ。心躍るわ。



雪のある渓流・渓谷の景色は美しい。サングラスしてちょうどいいくらい(笑)



出雲横田駅で交換中。ドアも開放で乗り降り自由にしてくれるので、撮り鉄の皆さんは下車して撮影タイム。



宍道からはまあまあ人が乗ってたんだが、基本的に降りる人はいても乗る人はいない。

乗客の人数は進むにつれて減っていくばかり。

停車中にあったかいコーヒーを買いに行ったんだが…

靴が雪に埋もれてしまってびちゃびちゃに(笑)

まあ車内の暖房もハンパなく効いてるのですぐ乾くんだけどね。



木次線名物三段スイッチバック、出雲坂根駅の1段目・2段目終端。



三段スイッチバックはJR西日本内ではここだけらしいね。

これは2段目・3段目終端。



出雲坂根駅ははるか眼下に。



これは「奥出雲おろちループ」。国道314号にあるループ線。



三井野大橋。保線的な理由なんだとは思うけども、奥出雲おろちループと三井野大橋が見えるところでは徐行運転になって、ちょっとしたシャッターチャンスになってる。もし何かの機会で木次線に乗ることがあれば、宍道→備後落合方向ならば必ず進行方向へ向かって右側の窓に注目すべき。



三井野原駅。愛称「高天原(たかまがはら)」。まさに天上界、JR西日本で最も標高が高い駅。標高727m。それを知らせる看板ももう雪に埋まっちゃって何だかわからないけど(笑)



備後落合駅で芸備線、三次行きに乗り換え。



もうホーム前も雪で埋まっちゃってるからねー。駅はまあ、ある程度除雪してるからこんなもんなんだろうけども、木次線内なんてほんっとに両側が雪の山で、その間を走ってくみたいなとこばっかりだったもんな。真っ白。



こちらは空いてる芸備線の中で食べた米子で買った駅弁。米子駅弁といえば「吾左衛門鮓」なことはわかってる。わかってるけどあえてこれはオススメ!! 有ったら絶対これ買って。マジで。



おそらくその吾左衛門鮓を作ったときの切れっ端なんだろうけども、具材をダイスカットにしてさらにイクラまでふんだんに盛り込んだちらし寿司に、吾左衛門鮓の鯖寿司が2切れ入ってるこれがまー贅沢!! 米子行ってこれ売ってたらもう毎回これ買うわおいら。お口の中が丸ごと日本海。
  
0
    | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.kei.pucchimoni.jp/trackback/901197
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    このページの先頭へ