http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
<< 「値切ること」をさも「いいこと」のようにTVで取り上げるな | main | 狙いを定めてトリガーを引け、dysonの >>
ローソンが舞台のドラマが始まったんですって

東京リトル・ラブ。すっげぇひと昔前のセンスだけど大丈夫かタイトル。

フジテレビ初の、10分×月木帯×2クール(26週、半年)の深夜ドラマ。

やましげ(山崎樹範)さんハマってんなあ。やましげさんはタモリ倶楽部に出てるときのオールマイティーぶりがおいら的にはツボだったんだけど(笑)

地味な役者さんのハズ(失礼)なのに、ことコンビニ店員役となるとわりとイケメンの部類のような気もするぞ(笑)


ただ、人事権もあるベテラン店長役ってどうなんだろう(笑)若いよね。

実際には、日本語でコミュニケーションが取れない外国人さんはまず雇えない(最低でも、日本語で数が数えられないとキツイ)ので、「笑顔が素敵だからぁー」と褒められたくらいで採用されることはありませんよ(笑)

まあ、実際のコンビニ業務と異なる部分がある、とEDでちぃーさく表記されてるけどな(笑)


コンビニ店員から言わせれば、777円のレシートは実はわりと出る。

特に、このドラマで出てくる777円のレシートは、見る人が見たら「意図的に出そうとして出た感」がもろに出てる。147円のソフトドリンク1本と、あとは商品価格の下一桁が「0」とか「5」とかの商品を組み合わせているから。そんでタバコが入ると特に出やすい。

むしろ、下一桁がバラバラの商品で「1,000円ピッタリ」が出たときのほうがテンション上がるし、お客さんともカラみやすい(笑)


こーゆう可愛くて健気な新人入らねーって(笑)

台湾のブログ女王で、本気で「現地のひと」(つまり本気で日本語を知らない)らしいのね。

いや、可愛いけどさ。

日本人のストーリーで良かったんじゃねえの、って気がする、第3話にして既に。半年もやるんだったら。夜中10分で放送するドラマの割には、すごくとっつきにくい。字幕出るし。

現役ローソン店員の方は、店内の機器とかPOPとかがわりと「最新の、現在のそれ」であることを確認したり、ドラマで使われてる店舗と自店との差異を、ぜひブログ記事とかツイートにしてみたらいいと思うよ。

フジテレビ/1924
http://www.1924.jp/
  
0
    | 水無瀬ナルウ | TV | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    このページの先頭へ