http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
<< おいらがAVANTIのカウンターに座る日 | main | 近年気持ち悪い高校生クイズ >>
極上ジャパニーズウイスキー
ニッカウヰスキー「余市1984」。

余市蒸溜所20年貯蔵シングルモルト、だそうです。

木箱に入ってるウイスキーなんて初めてかも。

実は、春先に友達からいただいたもの。その友達は、おいらとウイスキーを語れる数少ない友達の1人だったんだけど、病気を患って以来お酒が飲めない体質になってしまったらしい。その友達はジャパニーズウイスキーに関しては、ピートを炊き込んだ香りを好む「ニッカ派」、おいらは炊き込まない「サントリー派」だったんだけど、お互い「アードベッグ」などスモーキーなアイラモルトも好んで飲むようなタイプなのでね。

これはニッカのメルマガに登録していたその友達が、宣伝文句に釣られて買ってしまった(と本人からメールが来た)ものらしいんだけども、引っ越すのに荷物になるんで、処分するには惜しいこれをおいらに譲ってくれたんだ。タダで。

おいらは、レモンハートのマスター同様「酒は飾っておくものじゃなく、飲むもの」と思っているので、誕生日をまたいだら開けようと思ってた。というかおいらも日々酒に溺れる生活で、いつ肝臓を患って飲めなくなるかわからないから、飲めるうち、酒の味がわかるうちに飲んでおかないと、と思っていたので。

ネットで調べたら定価で2万円以上する酒ですよ。

思い切って開けました。

開けただけで(そこらじゅうに広がる香りで)鳥肌が立ちました。

おいらがいつもハイボールにして飲む、せいぜい1,500円程度のそれとは「同じ種類の酒」とも思えないくらい、重厚にして微塵もとがった感じがない、甘〜くて、複雑な味。テイスティングノートを自分で作れるほどの表現力や味・香りの分解能は持ち合わせていないけど、酒に付属していたテイスティングノートを読みながら飲んだら「ああ、そういえばそんな味もするな」くらいはわかる。けど、ごちゃごちゃ言わず、目を閉じてその味と香りにずっとうっとりしていたいような、そんな気持ちになる。ニッカのこだわりともいえる、ピートを炊き込んだ感じの煙っぽい香りが、かすかにする。

この酒を開けてしまったことに、ちょっともったいないと思いはするものの、後悔はしていない。むしろ、この酒を開けずに飾ったまま死蔵してしまっている人や、プレミアがついた頃に高値で売ってやろうとしている人がいるとするなら、開けなかったことを一生後悔すべき。

あ、たった1つこの酒に関して残念なことは、これをおいらに譲ってくれた友達と一緒に飲んで語れなかったこと。すごく残念だ。でも、ありがとう。

ひと口しか飲んでないけど、日常の嫌なこと2つくらい癒された気がするよ。
  
0
    | 水無瀬ナルウ | 美味しいもの | 12:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
    ナジャさん

    アンゴスチュラ・ビターズは胃薬として愛飲してます(笑)安い酒でハイボール作るときに入れると高級感のある香りがするんですよ。

    おいらもスコッチ派ではあるんですが、最近日本のウイスキーも相当凄い、ということに気づきました。

    あ、おいらの酒の先生はレモン・ハートですよ(笑)メガネさんが探し回ったポートエレンもポール・ジローもアブサンも、マスターが探していたラッテ・ディ・スウォチェラも飲みました。ナジャさんの好きなスコッチの銘柄は何ですか?
    | 水無瀬ナルウ | 2009/09/08 1:04 AM |

    ビターズ否定されちゃいましたか。香り付けよりはクセを消すために用いられることが多いんですかね。ビターズ使う酒つったらジンビターくらいしか飲んだことないかな。フツー部屋に置いてないですよww

    余市っつーと竹鶴政孝がニッカを創ったとこでしたっけ?スコッチ党の私はあまりジャパニーズ・ウィスキーを飲みませんが、きちんと造られた酒はどれも素晴らしい、と思います。

    ちなみに私の部屋には「BARレモン・ハート 酒大事典」なる本がありますw マンガ「酒の細道」なんかもけっこう面白いですよ!あ、飲み過ぎ注意!
    | ナジャ | 2009/09/07 10:34 PM |










    http://blog.kei.pucchimoni.jp/trackback/893903
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    このページの先頭へ