http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
<< QMA6 フォトジェニック賢者 | main | QMA6 りぷるす、やりたいよう >>
季節はずれだけどぐーたら白菜鍋
久々登場のシェフ水無瀬です(笑)よかったなあこのシーン切っといて(笑)

暑い夏に冷たいビールとかアイスとかそうめんばっかり食ってるとどうしても胃がへばって夏バテしちゃうでしょ。そういうときはやっぱり熱い物を食べて胃を動かしてやらんといかんわけです。

おいら今の季節でも白菜鍋作って食ってたりします。いま年がら年中白菜スーパーで売ってるからね。

真面目に作ろうと思ったら、切れ目を入れた昆布を土鍋に敷いて、干しエビと干し椎茸を戻してダシを取るのが本当なんだけども、ひとり暮らしのおいらは片手鍋に粉末の「昆布だしの素」「椎茸だしの素」で十分。

干しエビもそのまま鍋の底にテキトーに入れといたらいいです。

土鍋の場合は鍋の高さに白菜を切りそろえて立てるんですが、片手鍋の場合は最初から1/4カットの白菜を買って、4等分してそのまますっぽり鍋の形に合わせて立ててしまえばOK。

立てた白菜の葉と葉の間に、こんな感じに豚バラ肉をギューギューに押し込んでいきます。豚肉だったらバラ肉でなくても特売の小間切れで全然OK。高い肉を少量入れるより、安い肉をどっさり入れた方が美味しいよ(笑)

で、白菜と豚肉の敷き詰められた上から、日本酒(料理酒でもいい)をちょっとだけ入れます。粉末のだしは直火にかけちゃうと多少焦げちゃうのでね。お酒がなかったら水でもいいよ。白菜から水分が出るので水はほんとにちょっぴりで大丈夫。

干しエビと干し椎茸を戻して本格的に作る場合は、戻したエビと椎茸も細切りにして鍋に加え、戻し汁をだしとして少量加える、と。

で、豚肉の色が変わるまで弱火で煮込めば出来上がり。煮込み時間を短く、あっさり煮ると豚肉や白菜の旨味や歯ごたえが残り、長くくたくた煮るとスープに味が出て、量をたくさん食べられます。お好みでどうぞ。

出来上がったら器に取って、黒コショウをかけてポン酢でいただきます。

簡単でしょ。

そんで、たったこれだけ覚えておくとね、いろいろバリエーションが楽しめるわけ。

例えばビールのつまみにしたいときは、これにウインナーを加えてもいいし、ほんとに鍋物っぽくしたければ、白ネギを加えたり、鶏の骨付きぶつ切り肉や、鶏団子を加えてもいい。ヘルシーにお腹を満たしたければ、春雨を入れても美味しいんだ。もちろん、ポン酢じゃなくても、ごまだれで食べても美味しいよ。

具をすっかり食べてしまって、残ったスープにご飯と溶き卵を入れて、雑炊を作ったらまたこれが美味しいんだ。

夏の弱った胃の回復食にぜひ。

今から覚えとくとね、冬になったら非常に使い勝手のいいメニューになること間違いなし、とかゆってみる。ひとり暮らしの人はぜひ。
  
0
    | 水無瀬ナルウ | 美味しいもの | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
    マロンさん

    えーこんな記事にコメントを(笑)ありがたいです。

    これ干しエビがまたいい風味を出すんですよ。干しエビと粉末だしを揃えとくだけでひと冬無精出来ますからね。ひとり暮らしの料理は「シンプルにすればするほど失敗がない」ですから、具材やだしに凝る前に1度この、シンプルな豚肉と白菜だけの旨味を味わっていただきたいと思います。

    「コンソメ」「白菜鍋」で検索してもけっこうレシピが出てくるので間違いなく美味しいと思います。ウインナーと大根とかを入れておきたい。

    こんなレスで良かったんでしょうか(笑)
    | 水無瀬ナルウ | 2009/08/20 1:36 AM |

    これは美味そうです!
    私も料理は下手の横好きで結構やるんですが、
    これは作ったことないですね。

    暑い時期のスタミナ補給にもってこいでしょうし、
    ビールとも合いますね。
    いろいろと具材アレンジもききそうです。
    出汁にも工夫していると感じますね。
    干しエビって使ったことないや。
    固形コンソメ放り込んで、ポトフ風にしても美味しそう。
    | マロン | 2009/08/19 10:37 PM |










    http://blog.kei.pucchimoni.jp/trackback/888114
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    このページの先頭へ