http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
麻雀Mリーグを観ていました
野球もサッカーもあんまり好きじゃないもので、テレビとかでスポーツ観戦することもないし、テレビで観戦して熱くなって画面に向かってめっちゃ野次ってるおっさんとか大嫌いだったんですよ正直。

ほんっとに最近になってようやく、冬季五輪とかを観てられるようになって、自国の選手が勝つと「嬉しい」っていう感情が湧くようになったというか。

そんな中、去年の10月に、麻雀のプロリーグ「Mリーグ」が開幕しましてね。

全試合観たんです(笑)


プロスポーツとして観られる競技にしましょうってことで、チーム制・リーグ制、ユニフォーム着用、審判制導入、パブリックビューイング開催など初年度からいろいろ盛り上げて、何より日本のどこにいても(地域ごとのテレビ局の系列局のあるなしに関わらず)AbemaTVで観られる、リアルタイムで観られなくてもタイムシフト視聴もできる、週末にダイジェストの番組まである。

やーなんだろう。観てられたー。

改めて、おいらが今までスポーツを観なかった理由、何がダメだったのかがよくわかった。

麻雀って運の要素がかなりあるから、「強い人が勝つわけでも、たまたま勝った人が強いわけでもない」ってとこがあるので、特に麻雀プロの放送対局だと負けた人に対して勝った人が偉そうにしたり、過度に喜んだりしないんですね。

比べる対象として適切かわからないけど、例えば卓球選手とかってポイント決める度に「シャー!!」ってやるじゃん。あれおいらあんまり好きじゃない。相手を挑発してるように見える。ああいうのは麻雀プロはやらない。

将棋、囲碁は、わざと駒をピシャーンと盤に打ち鳴らしたりするけど、あれも頭脳競技としては「なくてもいい」というか、相手の集中力を削ぐ可能性があるんだったら勝敗を左右しかねない盤外戦術はマナー悪にすべきと思う。麻雀プロは強打とか引きヅモとか、マナー悪とされる打ち方をしない(過度にやるとイエローカードの対象になる)ので、所作が綺麗。

何より、けっこうドラマチックな展開が勝手に発生してくれるというね(笑)

麻雀のテレビ対局みて感動して泣く日が来るとは思ってなかったなあ。両手で数えられないぐらい泣いたぞ。

Mリーグ初年度は7チーム21人の選手だったんだけど、ほんと全員個性があって面白くて、全員好き、誰が勝っても嬉しいし、誰が負けても悔しいぐらいなんだけど、

NMB48の子がCSでやってる麻雀番組の解説してた、鈴木たろうプロの打ち方とか考え方とか雰囲気が好きだったんで、鈴木たろうプロが所属する「赤坂ドリブンズ」を推しチームに決めて、応援してたの。


半年間ずーっと応援して、推しのチームが優勝する嬉しさよ!!

あー、野球とかサッカーで好きなチームがある人ってこんな気分なのかなあ。43年も生きてきてそういう楽しみとか喜びとかを知らなかったことも悲しいけど、この年で「観る、応援する喜び」をまさか麻雀で知るとも思わなかった。

麻雀は性別も世代もわりと関係なく、短期で見れば初心者がベテランに勝ったりもするゲームだし、頭と指先を使うので認知症予防にもなると言われてますね。80歳ぐらいになったときに、中学・高校ぐらいの同級生と麻雀やれてたらいいなあ、とちょっと思ってる。

来年も応援するからね、Mリーグ。赤坂ドリブンズ。

Mリーグ公式サイト
https://m-league.jp/
  
0
    | 水無瀬ナルウ | TV | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
    日大アメフトのニュース
    子どもの頃は体が弱かったし、足が遅かったりして体育が苦手だったこともあって、今もあんまりスポーツは観るのもやるのもそんなに好きではない。それでも、スピードスケートやらカーリングやら、冬季オリンピックのことについて書いたりしてるので、昔に比べたら好意的に捉えられるようにはなったんだけど、

    今回のこの事件というかニュースは、なんかやっぱりスポーツが持っている嫌いな部分「体育会系にありがちな絶対的な上下関係」とか「勝つことがすべて、勝つためなら何をやっても」みたいなとこが全部見えちゃってたなあ。


    今回はこの反則を犯した学生さんが1人会見で矢面に立つ形になったことと、勇気を持って監督とコーチの指示があったことを告発したことに称賛の声すらあり、その後の日大側の会見が無残なまでのグダグダに終始したこともあって、わかりやすく「反則を犯した選手も被害者」「(日大の体制も含めて)監督とコーチは全部すんーごい悪者」っていう図式が完全に完成しちゃったからねえ。

    おいら、子どもの頃はいじめられる側だったもんで、弱い者いじめ嫌いなのね。判官びいきなの。わかりやすい勧善懲悪劇が大好きだし、きれいごと大好きなの。パワハラとかセクハラとか、汚職とか不倫とか、立場が弱い人のほうに肩入れして、権力を持ってる悪いやつが炎上していく様を観るのは、ちょっと痛快な思いすらある。

    反則タックルを食らった選手は怪我をしているので、不謹慎なことを承知の上でになるけど、

    同じような思いのひと、いないかなあ。このニュースを「楽しんで観てる」ひと。

    たぶんこれって「実社会でそういうストレスを抱えてて、不満のはけ口がない」から、こういうニュースがあるとなんか一斉に弱い立場の人を応援したくなるんだろうし、いい人側にどんどん味方が増えていって、悪い人側の悪事がみるみる剥がれて見えてくることって、ちょっと溜飲が下がる思いなんじゃないかと。

    本当は、政治とか会社とかに向けられるはずのストレスや不満が、こういうニュースにエンターテイメント性を持たせてしまっているんであれば、それはあんまり良くないこと、なんだろうけど。
      
    0
      | 水無瀬ナルウ | TV | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
      勝利の女神は笑顔がお好きなようで

      高木菜那選手、スピードスケート女子マススタート「初代女王」に。

      すげえなあ。世界中探しても現時点で女子マススタートのオリンピック金メダリストは高木菜那選手ただ1人しかいないんだよ。こんな誇らしいことあります?

      競技中、隊列をなしてる中の高木菜那選手は、他の国のごっつい体つきの選手に比べたら、大人の中に1人だけ中学生の選手が混ざってんじゃねえかぐらいどうみても小柄だし、ゴール後のガッツポーズみても手足の長さで損してそうなのに、

      同じく金メダルを獲得したパシュートの「前の選手につかず離れず」の技量が活きたのかな。他の選手が残り4周あたりからじれて動き出す中、ずっと2番手で風をよけつつ待機して、最終周までしっかり足を溜めてたんだなあ。

      勝利者インタビューでは、カメラを鏡に見立てて前髪を直したりする茶目っ気を出したりして、スポーツ界にまた新たなヒロインが生まれた気がしました。


      カーリング女子の3位決定戦、瞬間最高視聴率42.3%だって。

      第10エンド、後攻イギリスのラストストーン、狙い通りにいけば2点獲得で日本が負けてしまう場面で、

      「いや…ナンバーワンは…日本だぁぁぁ!!」

      実況のアナウンサーの叫びも良かったなあ。おいら以外にもあの瞬間泣いたひと全国に100万人ぐらいいるでしょ(笑)


      真剣勝負だから怖い顔になる各国の選手がほとんどの中、カーリング女子だけはずっと笑顔を絶やさないように試合をしてた。ネットでは心ないひとが「真剣さが足りない」みたいな言い方をしていたけど、

      世界の大舞台で笑顔を絶やさないように試合ができる境地に達してるって凄くない?

      そして、やっぱり笑顔で愛嬌があると、競技そのものも楽しそうに見えるし、興味も持ってもらえるし、スポンサーもつきやすくなるよね。今回リザーブの本橋麻里選手、2006年のトリノ五輪のときから変顔とかをやってたけど、競技知名度の低さや競技人口の少なさ、とっつきにくさを払拭するためなんじゃないかなと思ってる。

      だって視聴率42.3%だぜ。みんな紅白歌合戦なみにカーリング女子が気になってたし、そんだけみんなあの笑顔に惹かれるものがあって、応援したくなってたんだろうし。

      そりゃー人気出ちゃうよ(笑)

      次の冬季五輪も応援するからね。
        
      0
        | 水無瀬ナルウ | TV | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
        元気をもらった
        女子パシュート。8年前のバンクーバー五輪から「ちょう面白えじゃんこれ!!」と見始めた競技。

        アメリカが、準決勝の対オランダ戦を(銅メダルを賭けた3位決定戦に備えて)流したときは、ああこれ準決勝でカナダとまともにやりあった日本が不利になるじゃん…と不安になったんだけど、その日本の準決勝の相手カナダも流した。

        これはスポーツマンシップに則っているのか? だったら「棄権」して準決勝パスして決勝やればいいんじゃないか? 来てる各国の観客の皆さんは、お金を払ってこんな「流される準決勝」を観たかったわけじゃないだろう、もっといえば放送権を時間いくらで買ってる各国の放送局とかついてるスポンサーに対してもとても失礼じゃないかと思ったんだけど。

        思ったんだけど!!

        ここまでオリンピックに対して積もった不満とかイライラとかを全て浄化する、全てを洗い流す、全てを癒す、


        女子パシュートの本当にお見事としか言いようがない、素晴らしい勝ちっぷりでの金メダル!!

        他のどの国よりも、本当に3人のつかず離れずの距離の近さと、腕の振りまで一糸乱れぬ美しいシンクロぶり。

        言いながら…オランダに0.5秒差リードされたときは「ああああああ」と悲鳴のような声が出ましたけど(笑)

        42歳のおっさんが、生まれて初めてテレビに向かってそこそこの声出して「いけえええええ」言って応援しましたけど(笑)

        いやー、泣いた泣いた。ほんとに。気持ちいい感動の涙よ。

        8年前のオリンピックハイライトで流れた、高木美帆選手に掛けられた幻の3つの銀メダルが、現実の、しかも金メダルに。

        そして今回は決勝控えの菊地彩花選手も準決勝を走っていたので、4人全員で金メダル!!

        普段ほんとにスポーツなんて野球もサッカーも観ないひとなんだけど、冬季五輪だけ別格。

        サイコーでした。我がことのように幸せな気持ちになりました。
          
        0
          | 水無瀬ナルウ | TV | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
          メダルラッシュメダルラッシュメダルラッシュ!!
          8年前のバンクーバーで、女子団体パシュートの控え選手だった高木美帆選手が女子1500mで銀メダル、1000mで銅メダル。


          3つの銀メダルを高木選手にかけてあげてたシーンが本当にもう号泣もので、「ねえスポーツ嫌いのおいらが次に高木選手を観るのは、次のオリンピックなのか、ジャンクSPORTSなのか」なんて書いたけども、

          あのとき、銀メダルを「かけてあげたほう」の小平奈緒選手と、女子スケートで日本初のダブル表彰台!!

          42歳のおっさんの涙腺をぶっこわすのに充分な、8年越しのストーリーでありました。


          カーリング女子もサイコーに面白い。予選リーグの対韓国戦、完全アウェーの中で終始笑顔、ときおり大爆笑の日本チーム。NHKの五輪特設サイトには「作戦会議の女子会に参加した気分が味わえる」なんて見出しがついてたんだけども、観てるこっちもだんだんルールと狙いどころがわかってきて、実況と解説の方の的確な説明もあいまって、投げられたストーンの行方に気持ちが入っちゃいました。

          始まる前からいろいろ、ポスターの地図のことやら統一旗の島のことやら、そんなにあからさまに日本に嫌がらせするんなら(選手団や応援で渡航する皆さんの安全を考えて)ボイコットすればいいのにとも思ってたけど、

          このメダルラッシュぶり(記事公開時点で7個)を見る限り、競技はフェアに行われているようでひと安心。
            
          0
            | 水無瀬ナルウ | TV | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
            伝説の喋り手が帰ってきた
            「ぴったんこカン・カン」の古舘伊知郎ですよ。バラエティー番組復帰第1戦。

            あのねえ…古舘伊知郎めっちゃ好きだったの。あの超絶テンポのマシンガントークが。

            だってSASUKEだってスポーツマンNo.1決定戦だって、古舘の実況つけるだけで余裕で泣けるもの。初田啓介アナではそこまで泣けないもの(笑)

            古舘伊知郎は間違いなく「TVを面白くしてくれる人」だし、「バラエティーでこそ活きる人」だと思ってたので、テレ朝で報道ステーション始めるよ、バラエティー出なくなるよっていうのは本当に衝撃的だったし、寂しかった。


            その古舘伊知郎が安住アナと喋ってるっていうね。

            「ぴったんこカン・カン」自体、TBSが安住紳一郎を「第2の久米 宏」として売り出したかった番組で、安住アナはまんまと人気者になっちゃったけども、いまこうやってメインMCを局のアナウンサーがピンでやる番組ほとんどないもんなあ。タレントがメインで、横にアシスタントがついて、MC席に2人以上いるのが当たり前で。

            喋りのプロ同士の新旧真っ向勝負。こういう番組が観たかったの!!


            おいらが大学卒業した次の年ぐらいに、広島でもやってたフジの深夜番組「第4学区」ってのがあってね。古舘伊知郎と石橋貴明がただずーっと喋ってるだけの番組だったんだけど、それがめっちゃ面白くて大好きで毎週録画してたんだけど、テレビ新広島がわりとすぐネット切っちゃったので、広島では6回分ぐらいしか放送されなかったそれを、VHSで録画したやつを死ぬほど観てたの。

            あれが17年前。

            1年半前に、復活トーキングブルースが地上波で一部放送されたのを観て、報ステやっても「古舘節」が錆びついてなかったことは知ってたけども、

            衝撃だったわ。60歳過ぎてこのテンポで喋れるって。そんで聴いてて不快じゃないって。


            たぶん、偏向報道だ何だと批判されてたのも知りながら、報ステで堅っ苦しそうに言葉を選んで原稿読んでた古舘さんよりも、バラエティーで水を得た魚のように笑顔で嬉しそうに喋ってる古舘さんを観たい視聴者のほうが圧倒的に多いと思うのさ。おいらを含めて。

            ごちゃごちゃしたひな壇バラエティーのMCじゃなくて、ぜひともシンプルなトーク番組やってくんないかなあ。

            安住アナとずーっと喋るだけの番組でもいいよ(笑)

            なんかめっちゃ嬉しかったなあ。TV観て久々に唸っちゃったよ。
              
            0
              | 水無瀬ナルウ | TV | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
              NHKのNEWS WEBにて
              2012年4月5日のトップツイートを獲得した広島の水無瀬ナルウさん、


              全く同じツイートで再びトップツイートを獲得しました(笑)


              ツイート選んでる人が実はずーっと一緒だったらどうしよう。


              まあ、だからどうした、っていう遊びでした。

                
              0
                | 水無瀬ナルウ | TV | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
                アクセスログのキーワード
                長きにわたって放置されてたこのブログの直近のアクセスログ(8月1日〜)をみると、

                「トリモチプール」
                「トリモチまみれ」
                「トリモチフェチ」

                なるワードが数件見受けられるね。


                これだろ。たぶん。8月4日OAの「うわっダマされた大賞2014」。


                番組では「クイーン」と称される鈴木奈々。



                鈴木奈々が雑に扱われてると妙にスカッとするよね(笑)


                リアクションが良すぎて「かわいそう」な感じが全くしないのが凄い。


                鈴木奈々、最初ほんっとにウザかったんだけど、「逃走中」でちゃんと世界観とか設定とか守って発言したり、わりとどんな仕事でもあんまり怒ったり嫌がったりしないし、妙に憎めないとこあるのよな。

                アリかナシかで言ったらナシだけど(笑)
                  
                0
                  | 水無瀬ナルウ | TV | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  本物のシンデレラ誕生の瞬間
                  正直、AKB総選挙なんて「バカな大人たちが金使ってくだらないことやってる」程度の認識だし、徳光・宮根クラスのフリーアナ使って4時間も特番組んでさも真面目な選挙速報のようにやってるのほんと嫌だから、録画もしてなけりゃ上位数名の発表シーン以外ほとんど観てないんだけど。


                  やりよったよ大分の星!!

                  1位大島優子、2位渡辺麻友は絶対に揺るがないと思ってたのでまあ、ゆーても3位まであるかな程度の予想を昨日、床屋のおねーちゃんとしたばっかりだったのに(笑)

                  「史上最大のアイドル残酷ショー」のエンディングがたった1人の力で笑いに変わった瞬間。

                  指原莉乃、もっと各局引く手あまたで構わないと思うぞおいらは。ただしバラエティーでお願い。
                    
                  0
                    | 水無瀬ナルウ | TV | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    瞬間芸の笑いは好きではないけれど
                    15秒で一芸を披露し、笑いの声量で勝ち負けを決める「マバタキー」特番第2回。

                    もうねレッドカーペットとかイロモネアみたいな瞬間的な笑いは飽きたんですよ正直。もっといや制限時間4分やそこらで漫才とかピン芸のチャンピオンを決めるアレとか、日本のTVって他にやることねえのかって思うくらい。


                    1分で笑い取るより、15分とか30分持つ笑いを演るほうがはるかに難しいのに。

                    …と思ってたので特番1回めはスルーしてる。ただこれ何だろう。瞬間芸のお笑いサバイバルにありがちな「殺伐感」があんまりないのよね。


                    この猫の目のセットと、終始脱力系の「でゅうぃでゅうぃでぃ〜♪」ってBGMと「まばたき禁止だにゃー」とか言うヌルめのナレーション。どうやら15秒もそんなに厳密なカウントでもないみたいだし。

                    スタジオゲストもべつに「審査員」ってわけでもなく、松木安太郎、相武紗季、安田美沙子、滝沢秀明、あびる 優、河北麻友子とかだもんな。メンバー的にあまり毒にも薬にもならない感じ。

                    正直、TVが制約だらけになって、視聴者があらゆるコンテンツに飽きてしまった今、やってることはすんーごい原始的なお笑いゴングショーなのに「わりと観てられる」ってのちょっと感心してしまうのよね。


                    まあでも、おいら的には優勝カトパン、準優勝壇蜜だけどね(笑)
                      
                    0
                      | 水無瀬ナルウ | TV | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      このページの先頭へ