http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
2019年ベストバイ
左右完全独立のBluetoothイヤホンってどんなもんかなーと思って、フェイスブックの広告枠にあったクーポンコード使ってほんとに「試しに」買ってみたんですよ。

それこそ単音の着メロしかなかった頃の携帯を使ってたぐらいのおっさんなもんで、ワイヤレスのヘッドホンなんてのはすげえ未来なわけ。2年前にiPhone8でスマホデビューしたもんでiPhoneには付属のEarPodsがつくけど、あれはおいらの耳には合わなくて、ちょっとずれると音像が全然変わっちゃうんですぐ使わなくなっちゃった。

しばらくドンキで買った広島の会社のBluetoothイヤホン(左右一体型)を使ってて、1年ぐらいで片耳から音が出なくなったのでAmazonで1,000円ぐらいの安物買ったら、両耳から同じ片耳分の音しか流れないとんでもないクズ商品を掴まされたこともあるんだけど。

フェイスブックにたまたま出てた広告枠で、もうあからさまに中華製っぽい説明書きの怪しい完全独立ワイヤレスがあって、Amazonクーポンコードで6割引ですとか書いてあったんで、ほんとにダメ元で「完全独立ってどんなもんかな」と買ってみたら。


Amazonのレビュー、200件ぐらいあってやっぱり星1〜2もちょこちょこあるわけ。3日で壊れたとか防水が弱かったとか、タッチセンサーが過敏すぎて誤反応するとか。でもまあAmazonだから、故障品とか明らかに説明と違う仕様だったら返品できるんで、この値段だったら試せるなーと思ってさ。

そしたら、とんでもない商品が来たわ。

いい意味で!!

ほんとに左右完全独立。だいたい、古いタイプの完全独立イヤホンは実はほんとに完全独立してなくて、左右どっちかのイヤホンが「親機」、もう片方が「子機」になってて、スマホと親機をペアリング、親機と子機をペアリングする形で左右を独立してたもんで、両耳分のデータをまず親機に送って、さらに片耳分を子機に…なんてやってたんだけど、

これはケースから取り出したほうだけ、左右どっちのイヤピースでも片耳使用ができて、片耳使用時は左右の音がミックスされたモノラル出力でちゃんと鳴るし、片耳使用を途中から両耳に変えたらちゃんとステレオ出力になる。両耳使用から片耳使用に変えてもちゃんとモノラルに切り替わる。すげえちゃんとしてる!!

そんで、イヤホン単体で「10時間連続使用」とか書いてあってこれもマジかいな、普通2〜3時間持ったら御の字、5時間も持てば「長時間」をウリにできるぐらいのもんだけど…と思って、先日バスの1日乗車券で音楽聴きながら市内ぐるぐるしてたんだけどほんとに10時間持った。バッテリー警告音がどんなのか、まだ1度も鳴ったことないから知らない(笑)

で、ケースもバッテリー仕様で、収納するだけで勝手にイヤホンを充電してくれるやつなんだけど、4000mAhとか書いてあるわけ。4000って、ひと昔前のモバイルバッテリーでガラケーなら2、3回分フル充電できるぐらいの容量あるやつよ。iPhone8でも1回ぐらいなら電源切っとけばフル充電になるかも。

さすがに盛ってるだろう…1週間もすりゃ残量がなくなるだろうからケース充電しなきゃいけなくなるんだろう、ぐらいに思ってたら。

上の画像、残量「32%」って表示されてるでしょ。

これ、11月15日に届いたその日にフル充電して、今日まで1ヶ月弱だいたい1日1時間ぐらい使って、まだ1度もケース充電してねえの。

おかしいって(笑) 中華製のBluetoothってここまで来てんの? マジで?

ケースのフタ開けた時点からペアリングされるんで、耳にはめる頃にはもうスマホとつながってるし、片耳だけ取り出せば取り出したほうだけモノラル出力でつながるから、自転車でもヘッドセットの代わりに使えるし、使い終わったらケースに入れてフタ閉じればペアリング解除になるんで、電源を入れたり切ったりもしなくていいし、

確かに耳に付け外しするときにタッチセンサーに触っちゃうんで音楽が鳴ったり一時停止になったりはするけど、装着しちゃえばそんなおかしな動作もしないし、操作性もかなりまとも。

うーん…

音も、そんなに悪くない気がするなあ。イヤーチップがちょっと特殊な形で耳に合わなかったんで、100均で買ったカナル型用のチップに変えたら装着感は良くなったし、ケースにもギリ収まったんだけど、今まで使ってた左右一体型のBluetoothと遜色ないぐらいの音は出てる。

これねえ、5,380円だったのね。

すげえ安くない?

でも違うの。5,380円は、値引き前の元値(笑)

それでも充分安いと思うんだけど、そこから「クーポンコードで6割引」って書いてあったのね。


(クーポンコードは有効期限が設定されているものなので伏せてあります)

書いてある値段みて。1,614円だったのね。しかも税込み、送料無料で。

計算してみて。

7割引なの(笑)

どうなってんだよ、これ(笑)
  
0
    | 水無瀬ナルウ | - | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
    懐かしすぎて新しすぎる
    秋めいてきて、徒歩通勤ができるようになったので「ドラクエウォーク」なんぞを起動させて歩いてみたりしているんですが。


    もうね、懐かしい。懐かしすぎる。

    BGMのベースが「ドラクエIII」なの。初代ファミコン1988年、おいらが中学生の時に大流行したゲームですよ。

    そもそもおいらが「ドラクエ」に触れたのがそのドラクエIIIで、それ以前に当然「ドラクエ(I)」「ドラクエII」ってのがあったけど、おいらは時系列的にドラクエIIIに触れたあとに友達から借りてドラクエIIをやったことがあるくらい。ドラクエ(I)に至っては、友達がおいらの家に持ってきて、遊んでるのを横で応援してただけ(笑)

    ちゃんとプレイしてちゃんとクリアしたの、初代ファミコン版のドラクエIIIとIVだけだからね。それ以来ドラクエシリーズには一切触れてない。

    そんな30年前に初めて触れたドラクエシリーズの、最初の敵と遭遇したときのあの旋律が、令和のいまスマホからオーケストラアレンジで流れてきた衝撃よ。

    音楽の力って凄いね。秒で当時の記憶を呼び起こして、秒で涙と鼻水が止まらなくなるね。


    今のスマホゲームが、昔のロムカセットのゲームと決定的に違うのは、ゲームの稼働中にバージョンアップを繰り返してシステムがブラッシュアップされていくことだと思うの。昔のロムカセットのゲームなんてのは、発売された瞬間に中身にどんなにバグが残っていてもそれが「最終完成品」だからね。特にドラクエIIIは「地球のへそ」にまつわるバグやバグを利用した裏技要素がものすごくたくさんあったけど、それを「それも楽しみのうち」として受け入れる寛容さも世の中にあった。

    船を手に入れた瞬間にみんな「次に行く先」がわからなくなって、とりあえずジパング行っていきなり敵が強すぎて全滅しちゃうなんて不親切さも当時のゲームっぽかったよね(笑)

    30年の時を経て、おいらのスマホに蘇ったドラクエは、それはそれはおっさんに優しい仕様(もとより歩きながらプレイできるゲームなので誰にでも優しいんだけど)で、全滅さえしなければ戦闘終了後に死んだ仲間が生き返ってたりするし、毒に冒されても戦闘が終わったら解毒されてるし。スマホ画面みなくても、WALKモードにして歩いてりゃ勝手に経験値とゴールドを稼いでくれるし、Bluetoothで音だけ聴いてりゃなんとなく何が起きてるかはわかるというね(笑)

    そしてボス戦だけはけっこうしっかり戦わないと負けちゃう。ここらへんのゲームバランス感よ。

    当時と違うのは、ちゃんとこっちの攻撃や敵からの攻撃が視覚的に見えること。たぶん最近の家庭用ゲーム機で、以降のドラクエシリーズにきちんと触れてきた人は全然びっくりしないんだろうけど、

    スライムって体当たりで攻撃してくるのね(笑)

    スライムって、当時はその名の通り本来は粘性の液体で、一番安定する形としてあの「しずく型」を選んで、仲間と一緒にいるからお互いにその姿を見ながら形を維持しているので、攻撃は相手を包み込んで酸のようなもので溶かしたり、窒息させたりして攻撃する、とかもっともらしい仮説を言われてたのに。

    ただただドカッって体当たりしてくんじゃん(笑)

    ドラクエIV以来一切ドラクエシリーズに触れてこなかったおっさんにとっては衝撃だったよ。
      
    0
      | 水無瀬ナルウ | - | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
      CDサルベージ
      引っ越し前の実家に紛れ込んでいた、高校時代までに収集したCDの一部が発掘された。


      中学2年のときだったと思う。ラジオをタイマー録音できるCDラジカセを先に買って、遅れること数ヶ月、これが「初めて買ったCD」。

      ちなみに自分のお小遣いで初めて買ったレコードは、中森明菜の「SAND BEIGE -砂漠へ-」。


      あー昔のCDってこんなんだったこんなんだった。ピクチャーCDが当たり前になる以前の仕様。

      この頃の都市伝説的な噂では、CDのこのレーベル面の印刷インクが10年もすると劣化して溶け出して中のデータが読めなくなるとか言われてたの。今では書かれないけど、「CDの内周にトラックデータが書き込まれているので、特に内側を傷つけないように」とか「CDを拭くときは円周と同じ向きではなく、外側へ向かって放射状に拭くこと」とか注意書きがしてあったりして。

      30年ぐらい経ってますけど、PCで問題なく全曲読み込めました。


      ほら。昔はCDショップでCD買うと、CDの読み出し面が傷つかないように、保護マットをおまけでくれてたの。当時のCD、ケース開けたら全部こんな感じで保護マット敷いてあった(笑)

      今じゃけっこうCDとかDVDって、少々雑に扱っても割れもしなきゃ、データの読み出しに問題が出るほど傷つきもしないくらいの堅固さって知られてるし、紙のスリーブに入って廉価版が売られてたりするもんね。録画用のDVDとかも、普通に大量に重ねて売ってたりするもんなあ。

      こういうのも含めて「愛着」だったんですよ。


      時代を経て、中身(音楽)だけがデジタルデータとして吸い上がって、iPhoneのミュージックアプリで聴けるように。

      ファイルサイズ重視で128kbpsのMP3ファイルにしてるけど、高いスピーカーやヘッドホンで聴いてるわけでもないので、充分いい音。もともとテレビやラジオからカセットテープに録音して音楽聴いてた時代の人なので。
        
      0
        | 水無瀬ナルウ | - | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
        麻雀Mリーグを観ていました
        野球もサッカーもあんまり好きじゃないもので、テレビとかでスポーツ観戦することもないし、テレビで観戦して熱くなって画面に向かってめっちゃ野次ってるおっさんとか大嫌いだったんですよ正直。

        ほんっとに最近になってようやく、冬季五輪とかを観てられるようになって、自国の選手が勝つと「嬉しい」っていう感情が湧くようになったというか。

        そんな中、去年の10月に、麻雀のプロリーグ「Mリーグ」が開幕しましてね。

        全試合観たんです(笑)


        プロスポーツとして観られる競技にしましょうってことで、チーム制・リーグ制、ユニフォーム着用、審判制導入、パブリックビューイング開催など初年度からいろいろ盛り上げて、何より日本のどこにいても(地域ごとのテレビ局の系列局のあるなしに関わらず)AbemaTVで観られる、リアルタイムで観られなくてもタイムシフト視聴もできる、週末にダイジェストの番組まである。

        やーなんだろう。観てられたー。

        改めて、おいらが今までスポーツを観なかった理由、何がダメだったのかがよくわかった。

        麻雀って運の要素がかなりあるから、「強い人が勝つわけでも、たまたま勝った人が強いわけでもない」ってとこがあるので、特に麻雀プロの放送対局だと負けた人に対して勝った人が偉そうにしたり、過度に喜んだりしないんですね。

        比べる対象として適切かわからないけど、例えば卓球選手とかってポイント決める度に「シャー!!」ってやるじゃん。あれおいらあんまり好きじゃない。相手を挑発してるように見える。ああいうのは麻雀プロはやらない。

        将棋、囲碁は、わざと駒をピシャーンと盤に打ち鳴らしたりするけど、あれも頭脳競技としては「なくてもいい」というか、相手の集中力を削ぐ可能性があるんだったら勝敗を左右しかねない盤外戦術はマナー悪にすべきと思う。麻雀プロは強打とか引きヅモとか、マナー悪とされる打ち方をしない(過度にやるとイエローカードの対象になる)ので、所作が綺麗。

        何より、けっこうドラマチックな展開が勝手に発生してくれるというね(笑)

        麻雀のテレビ対局みて感動して泣く日が来るとは思ってなかったなあ。両手で数えられないぐらい泣いたぞ。

        Mリーグ初年度は7チーム21人の選手だったんだけど、ほんと全員個性があって面白くて、全員好き、誰が勝っても嬉しいし、誰が負けても悔しいぐらいなんだけど、

        NMB48の子がCSでやってる麻雀番組の解説してた、鈴木たろうプロの打ち方とか考え方とか雰囲気が好きだったんで、鈴木たろうプロが所属する「赤坂ドリブンズ」を推しチームに決めて、応援してたの。


        半年間ずーっと応援して、推しのチームが優勝する嬉しさよ!!

        あー、野球とかサッカーで好きなチームがある人ってこんな気分なのかなあ。43年も生きてきてそういう楽しみとか喜びとかを知らなかったことも悲しいけど、この年で「観る、応援する喜び」をまさか麻雀で知るとも思わなかった。

        麻雀は性別も世代もわりと関係なく、短期で見れば初心者がベテランに勝ったりもするゲームだし、頭と指先を使うので認知症予防にもなると言われてますね。80歳ぐらいになったときに、中学・高校ぐらいの同級生と麻雀やれてたらいいなあ、とちょっと思ってる。

        来年も応援するからね、Mリーグ。赤坂ドリブンズ。

        Mリーグ公式サイト
        https://m-league.jp/
          
        0
          | 水無瀬ナルウ | TV | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
          ハードディスクの憂鬱
          1回ぐらい過去に恨み節を書いたかな、と思ってブログ見返したけど書いてなかったなあ。

          2011年、アナログ放送が地デジに完全移行する46日前に、いまのテレビを買ったの。広島で。


          そんときに一緒に買った、2TBの録画用外付けHDDが、購入当初からずーっと不具合を抱えてたの。

          購入当初の不具合は、だいたいBSを160時間ぐらい録画できる容量があるはずなのに、ある程度録画した番組がたまってくると突然すべての録画が消えて、HDDが認識されなくなってた。

          買って1ヶ月の間に何度かそんな症状が出たので、購入店舗の保証で修理依頼を出したら、メーカーのサービスマンが訪問修理に来て、テレビの内部基盤を取り替えてくれた。

          それでも不具合はなくならず、これはHDDのほうの不具合だろうということで、改めて購入店舗に事情を説明して、HDDそのものを全く同じものの新品に交換してもらった。追加料金を払って5年保証をつけててよかったなーと、そのときは思ってたんだけど。

          そしたら交換後は、「突然すべての録画が消える」不具合は起こらなくなったんだけど、30〜40時間ぐらい録画がたまってくると、再生時に画面が止まってしまったり、録画予約したはずの番組が録れていなかったり、交換前とは違う形の不具合が頻発するようになった。

          そんなことある? と思って。なんか、テレビとHDDのメーカー的な相性とかあるんかなあとか。一応、説明書には動作確認済みの推奨HDDとして挙がってるものだったんだけど。

          何度か、不具合が起きたときにHDDをPCのほうにつないで、不良セクタとかが発生してたりしないかエラースキャンしてみたりもしたんだけど、エラーは1度も検出されず。どうせ録画してるのはバラエティー番組ばっかりで、べつに消去して泣き崩れるような内容のものはないんでごまかしごまかし、不具合が出る度になんとなく録画データを全消去してみたりして使ってたんだけど。


          家のPCの外付けHDDがそろそろ容量不足になってきてたので、1TBのポータブルHDDを購入。テレビが古くて、USB給電に完全対応してないので録画用には使えないので、いままで使ってた500GBの外付けHDDをコピーして、こちらをテレビ録画に転用。


          古いHDDなのでちょっと駆動音が大きく、録画時間もBSで40時間程度しかないけど、どうやら不具合は起こらない。今までに比べればとりあえず安心して使える。

          改めて、不具合の出る2TBの外付けをPCで使えないか、標準フォーマットをかけて確かめてみると、やっぱりエラーは検出されず。

          ところが、動画のデータをコピーすると、特定のファイルを選択したときだけ再生されずに、HDDから「キッ」という小さな音がする。あんまりHDDの仕組みに詳しくはないけど、データを読み出すヘッドみたいなのが物理的に変なこすれ方してるな、みたいな音。

          はああ、やっぱり交換品も不具合のあるものをたまたま掴まされてたのか、ということを約8年の時を経て確認するというね。

          当初に修理に来たサービスマンの方も、HDDの交換に応じてくれた購入店舗の方もわりといい対応だったし、テレビの基盤とHDDそのものまで交換してもらって「まだ不具合」って考えにくいからさあ…

          でも、あのときにもう1度対応してもらうべきだったなあ。せっかく追加保証かけてたのに。

          というのを、どうしても誰かに言いたかった。

          あ、ことが後先になりましたけども、2019年明けましておめでとうございます。(遅いわ)

          大分市で鍼灸院をやっています。今年も残すところあと11ヶ月半ですが、よろしくお願い致します。
            
          0
            | 水無瀬ナルウ | - | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
            謎のバス路線
            月曜日は鍼灸院お休みなので、よく自転車でそこいらをぐるぐる巡ってるんだけども。

            先週の月曜日、雨が降っていたので自転車でなくバスの1日乗車券であちこちに移動していたんだけども、そのときに時刻表でちょっと面白そうなバス路線を見つけた。

            大分市内のバスはほとんどが中央通り(トキハ前)と大分駅前を経由して各方面に放射状に分散する路線になってるんだけども、


            郊外のショッピングモール「トキハわさだタウン」と「パークプレイス」を直通するバス路線があるっぽい。

            ところが月曜日にこの路線を利用しようと思ったら、時刻表上は「パークプレイス行」になっている全便が「敷戸団地止め」になってた。


            えー土日・祝日だけ運行する便なのこれ。

            しかも運行経路、途中4つの団地を経由するんだけどそのうち2つは往復運行になってる。要するに「どちらかのショッピングモールと団地を結ぶ路線」の意味合いが強くて、全線乗り通して一方からもう一方のショッピングモールに行くための目的ではないのね。

            そらそうだ。だいたい、どっちか片側で買い物は事足りる(笑)

            引っ越し前のおいらの実家もそうだけども、団地って高台を切り開いて作ってることが多くて、おそらく以前はもっとバスの便もあったんだろうと思うんだけど、そのうち本数が減ってきて「車がないと買い物に出れない」みたいな土地になっちゃってるんだよなあ。

            この便が経由する4つの団地も然り、普段使いできるちょっと規模の大きい食品スーパーが1店ぐらい団地内にあって、あとは全部住宅みたいな。クリーニング屋ぐらいあればいいかな、ぐらい。

            高齢化してもクルマを降りられない理由、田舎に住むと痛いほどわかるね。
              
            0
              | 水無瀬ナルウ | - | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
              もやーっとした
               よく休みの日に自転車で通る道に新しくできてた店。


              「冷凍」で「生餃子」ってなんだ。それはもう冷凍餃子じゃないのか。
                
              0
                | 水無瀬ナルウ | - | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
                コカ・コーラクリア ≠ タブクリア
                ツイッターで同世代のひとが「タブクリア」を思い出す、とたくさん書いてたので、ひとネタと思って買ってみましたけど。


                いやいやいやいや。これはコカ・コーラレモンを炭酸で薄めたような味。

                タブクリアこんなスッキリした味じゃなかった。もっとはっきりした味(甘さが強い)だったし、何かちょっとクセのある「明らかにコーラとは違う香料」が添加されてた記憶がある。

                高校時代に、CMの大量投下と話題性だけで一瞬ドカンと売れて不評で一瞬でなくなったタブクリアだったけど、なんかその潔さと物珍しさでちょっとトリコになって、学校帰りに自販で買ってけっこうな頻度で飲んでたのよね。そんで銀色の缶がカッコよかったんで空き缶集めてた。大学行って帰ってきたらじいさんの手でペン立てにされてたけど(笑)


                ゼロカロリー表示があったからヤバいなとは思ったけど、人工甘味料入ってんじゃん…(ちなみにタブクリアには違う種類の人工甘味料が入ってました)

                残念ですが、職業的には人に勧められる飲み物ではありません(笑)
                  
                0
                  | 水無瀬ナルウ | - | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  1日乗車券の使い勝手
                  月曜日は、体が鈍らないように「お出かけ」をする日にしている。晴れていれば自転車(最近は健康のために徒歩も)、雨の日でも街なかをウロウロするか、バスで図書館なんぞに出かけたりしてるんだけども、今日は大分バスの1日乗車券とはどんなものかを知りたくて、大分バスの総合案内所に行ってみた。

                  20年以上住んでた広島の1日乗車券といえば、どうしても広島電鉄(路面電車・宮島線)の1日乗車券と比べてしまうんだけども、使う日付のカレンダーをスクラッチで削って使うタイプなので買いだめしていつでも使える、またわりと買える場所が多くて、車内でも買えるのでその日最初の1乗車目から乗り放題の対象にできる、ものすごく使い勝手のいいものだったわけ。

                  大分バスの1日乗車券は、こういうタイプ。


                  こちらは市内均一区間(100円・160円)だけ乗り放題になる「1日乗車券ミニ」なんだけども、昔の定期券と同じデザインの、台紙に日付のスタンプを押してその場でパウチして渡してくれるもの。

                  えーマジでー。今どきこんな1日乗車券があるのか、っていう(笑)

                  というのも、大分バス総合案内所(大分市街のデパートの1F)でしか買えないので、まずそこに行くまでの交通費が乗り放題の対象にできない、日付スタンプを押してもらった日だけ有効(当日から5日先までの1日乗車券まで購入できる)なので、買いだめしていつでも、という使い方ができない、そして意外と通用する区間が狭い(笑)


                  券面の裏に乗り放題の通用区間が書いてあるんだけど、かつて郊外線の発地点だった「金池ターミナル」とか、今はなき「芸術会館前」、どこにあったのか名前すら知らない「竹町西口」なんて、かなり前からもう存在しないバス停の表記もあるので、随分前(少なくとも10年やそこらではない)から全くこの券面台紙は更新されないまま、「いいやあんまり利用者いないし、使い切ったら新しいの作ろう」状態なんだろうな。

                  ここはひとつ広島電鉄のように「買いだめできていつでも使える1日乗車券」に倣って、もうちっと使い勝手のいい1日乗車券を作ってもらえませんかね。

                  ちなみに、乗り放題の範囲を大分市内まで広げた「1日乗車券ワイド(1,100円)」も売ってるんだけど、たぶん大分市民でも知らない人がほとんどなんだろうなあ。高齢者は全線1乗車100円になるワンコインバス乗車証で全範囲カバーできるし。
                    
                  0
                    | 水無瀬ナルウ | - | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    日大アメフトのニュース
                    子どもの頃は体が弱かったし、足が遅かったりして体育が苦手だったこともあって、今もあんまりスポーツは観るのもやるのもそんなに好きではない。それでも、スピードスケートやらカーリングやら、冬季オリンピックのことについて書いたりしてるので、昔に比べたら好意的に捉えられるようにはなったんだけど、

                    今回のこの事件というかニュースは、なんかやっぱりスポーツが持っている嫌いな部分「体育会系にありがちな絶対的な上下関係」とか「勝つことがすべて、勝つためなら何をやっても」みたいなとこが全部見えちゃってたなあ。


                    今回はこの反則を犯した学生さんが1人会見で矢面に立つ形になったことと、勇気を持って監督とコーチの指示があったことを告発したことに称賛の声すらあり、その後の日大側の会見が無残なまでのグダグダに終始したこともあって、わかりやすく「反則を犯した選手も被害者」「(日大の体制も含めて)監督とコーチは全部すんーごい悪者」っていう図式が完全に完成しちゃったからねえ。

                    おいら、子どもの頃はいじめられる側だったもんで、弱い者いじめ嫌いなのね。判官びいきなの。わかりやすい勧善懲悪劇が大好きだし、きれいごと大好きなの。パワハラとかセクハラとか、汚職とか不倫とか、立場が弱い人のほうに肩入れして、権力を持ってる悪いやつが炎上していく様を観るのは、ちょっと痛快な思いすらある。

                    反則タックルを食らった選手は怪我をしているので、不謹慎なことを承知の上でになるけど、

                    同じような思いのひと、いないかなあ。このニュースを「楽しんで観てる」ひと。

                    たぶんこれって「実社会でそういうストレスを抱えてて、不満のはけ口がない」から、こういうニュースがあるとなんか一斉に弱い立場の人を応援したくなるんだろうし、いい人側にどんどん味方が増えていって、悪い人側の悪事がみるみる剥がれて見えてくることって、ちょっと溜飲が下がる思いなんじゃないかと。

                    本当は、政治とか会社とかに向けられるはずのストレスや不満が、こういうニュースにエンターテイメント性を持たせてしまっているんであれば、それはあんまり良くないこと、なんだろうけど。
                      
                    0
                      | 水無瀬ナルウ | TV | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      このページの先頭へ